仙台の名店が故郷・福島の相馬市へ! 極めた無化調の一杯にリピーター殺到「井戸端よしお」

Walkerplus

2018/11/6 07:45

福島県相馬市の「酒の肴と中華そば 井戸端よしお」は、仙台の人気ラーメン店「くろく」の店主が、地元の相馬でプロデュースした店。〈※情報は18年10/25発売の「ラーメンWalker福島2019」より〉

中華そばをはじめ“万人に愛されるラーメン”というコンセプトにこだわり、すべて手作りで化学調味料は一切使用していない。その深みある味わいを求め、リピーターが続々と押しかけている。

■ 福島鶏白湯は福島・浜通りエリア初登場

福島鶏白湯(ふくしまとりぱいたん・900円)は、会津地鶏に伊達鶏、川俣シャモと、福島三大鶏を贅沢に使ったご当地麺。黄金色に光るこってりとしたスープが特徴で、口当たりもなめらかだ。

また、基本の中華そば(620円)は、鶏ガラと煮干しで丁寧にダシを取ったスープが自慢。煮干しの風味が非常に強く、どこか懐かしさが感じられる味わいで、中細麺とスープも好相性。

外観、内装共にラーメン店とは思えないほどおしゃれ。2階へと続く階段が開放的な吹き抜けになっている。

●住所:福島県相馬市馬場野字岩穴前202 電話:0244-26-8179(東京ウォーカー(全国版)・【ラーメンWalker福島2019 編集部】)

https://news.walkerplus.com/article/168220/

あなたにおすすめ