NHKまた不祥事、佐賀放送局長を更迭 酔って女性の風呂に乱入

 NHKは5日、職員の服務規定に反する不適切な行為があったとして、佐賀放送局の湧川高史局長(59)を出勤停止14日間の懲戒処分とし、同日付でNHK放送センター(東京)の人事局付へ更迭する人事を発表した。

 NHK広報部は内容について、「関係者のプライバシーに関わるので答えを差し控える」と明らかにしていない。関係者によると、保養施設での懇親会で、湧川氏が酒に酔い女性職員と関係者が入浴中の風呂に乱入していたことが発覚。その後、更迭が決まったという。

 湧川氏は、経営企画局の副部長として国会などで籾井勝人前会長に答弁の紙を渡す役割を担った後、秘書室長を経て、2016年4月から佐賀放送局長を務めていた。

 最近の同局では、紅白歌合戦の責任者だった職員がセクハラ行為をしたとして停職3カ月の懲戒処分に。また、「おはよう日本」のチーフプロデューサーの職員が女性のスカート内にスマートフォンを差し入れたとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕。オウム真理教の後継団体主流派「アレフ」に住民インタビューの取材音声を誤送信するなど不祥事が続いている。

あなたにおすすめ