高橋一生、台湾で熱烈歓迎! 初の海外イベントにファン&記者殺到


●「男神」と呼ばれる人気
俳優の高橋一生が3日、台湾で現地のファンから熱い視線を浴びた。主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の海外プロモーションの一環として、撮影の合間を縫って訪問したもので、台北市内のホテルで記者会見とファンミーティングが行われたのだ。そんな高橋を現地で直撃し、きょう6日に放送される第5話の見どころや作品に対する思いを聞いた――。

○『民王』から注目の記者も

『僕らは奇跡でできている』は、台湾でも放送中の人気作品のひとつ。今回のイベントは、日本の最新ドラマなどを扱う総合エンタテイメントチャンネル「WAKUWAKU JAPAN」台湾開局2周年を記念して開催されたもので、台湾においても人気が高い高橋は「男神」(憧れられている神様のような男性)と呼ばれ、「チャーミングで知性あふれる俳優」と見られているようだ。

今回のPRイベントには台湾の一般視聴者から3,100人もの応募が殺到し、その中から選ばれた約100人のファンが参加。この30倍という倍率をイベント前の高橋に伝えると、「ただただ本当にありがたいことです」と驚きながらも、「より多くの方に観ていただけるきっかけになってくれればうれしいです。WAKUWAKU JAPANさんのおかげで、台湾に足を運ぶ機会をもらい、生まれて初めての海外イベントになり、良い経験になりそうです」と期待を述べた。

台湾の「WAKUWAKU JAPAN」チャンネルでは、10月から3カ月にわたり、過去の出演作をラインナップした「高橋一生」特集も組まれ、『僕らは奇跡でできている』はイチオシドラマとして大きく取り扱われている。イベントに出席した台湾メディアの記者は「ドラマ『民王』から高橋一生さんに注目しています。日本には多種多様なドラマがあり、いろいろなキャラクターを演じる役者さん自身の魅力も増す作品が多いのではないでしょうか」と話していた。
○『僕キセ』一輝が台湾に来たら…

海外も注目する同作品。周囲の反響について高橋に聞くと、「ちょっと特異なドラマですが、いろいろな感想が聞こえてくることを普段からうれしく思っています。海外から届く手紙も多く、興味深く感想を読ませていただいています」と笑顔を見せながら、「面白がってもらうことがとにかく多いです。疎遠だった方から連絡をいただくこともあり、そういう意味でも特異だと思います。グッと胸にくるものが、多くあるからでしょうか。気づきを与えてくれる、そんなドラマです」と続けた。

台湾は初めてという高橋に「役柄の一輝だったら、台湾でどんな楽しみ方をすると思うか?」と聞いてみると、「興味がおもむくままに、ただひたすら街を歩くのではないでしょうか。興味の矛先は動物に限らないかもしれないです。台湾にはフィールドワークで来る可能性も十分にありますね(笑)」と想像。自身としては「台湾現地の方も訪れる夜市に行ってみたいです」と話し、劇中でみせる一輝のような表情で、台湾の街や人に好奇心を示していた。

●カメのジョージ飼育計画「迷ってます」

そんな中、台湾メディア向けの記者会見がスタートし、登壇した高橋は「ダージャーハオ、ウオースー高橋一生(みなさん、こんにちは、高橋一生です)」と現地の言葉であいさつ。集まった地元メディア31社の記者陣に、ドラマの魅力や一輝のキャラクターから、自身のプライベートにまつわる話題まで、丁寧に答えていった。

また会見中、台湾グルメを代表する小籠包、ルーロー飯、台湾唐揚げを試食する場面も作られ、「念願だったので、うれしいです。山田さん(劇中で戸田恵子演じる家政婦・山田妙子)に作っていただけるよう、頼んでみたいです」と、ドラマの一場面を思わせるような高橋の発言に、会場が沸いた。

続いて行われたスペシャルイベントでは、この日を待ち焦がれていた約100人の台湾ファンが声をそろえて「高橋さん、愛している」と伝えると、高橋は「ありがとう、照れますね」と返した。高橋がドラマについて自身の思いを発するたびに、ファンから歓声があがり、日本語を理解する一部のファンの反応にも、高橋はうれしそうに受け答えした。

そんなファンの熱烈な歓迎に打ち解けていく高橋は、台湾で人気の動物心理テストにも挑戦。それは10種類の動物(ネコ、サル、イヌ、ウサギ、シマウマ、パンダ、ペンギン、キリン、カメ、鳥)の順位付けから心理を探るというもので、高橋が2つ目に選んだカメが「周りから見られる印象」であることを知らされると、納得しながら「ドラマに出てくるカメのジョージのように生きてみたいと思うこともあります」と茶目っ気たっぷりに答えた。

高橋は、このカメのジョージがお気に入りで、「撮影後に飼いたい」という発言も伝えられていた。その真相を直撃すると、「ジョージは、あと30~40年は生きてくれそうなので、僕よりも長生きするかもしれません。そうなると、最後まで面倒を見られないのではないかと思い、飼うことを迷っています」と、これまた一輝のキャラクターと重なるようなコメントが返ってきた。

○距離感の取り方を試行錯誤していた

生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝(高橋)の日常を描く同ドラマ。第5話は、失恋した育実(榮倉奈々)の心のゆくえが描かれるが、果たして一輝との距離は縮まっていくのだろうか。

高橋に尋ねると、「縮まらないかもしれません」と返すも、「一輝は“我を通している”と、周りから思われがちですが、第5話と第6話ではこれまで彼なりに人との距離感の取り方を試行錯誤していたんだということが、少しずつ分かってくるのではないでしょうか。彼なりに悩みもあり、苦しいこともあったと感じてもらえると思います」と説明した。

さらに続けて、「このドラマの特異さは、気づかない人は気づかない。それが悪いというわけではありません。(育実に対して)『ウサギですね』と言ったことに対しても、決して否定しているわけではないのですが、それを否定していると捉える人もきっといるでしょう。でも、ウサギはウサギで素晴らしく、カメはカメで素晴らしいという考え方を持っているのが一輝です。だからこそ、このドラマは特異で難しい。答えがひとつに限らないからです。観た人によって捉え方が変わります。そういう意味でも、僕にとっても挑戦のしがいのあるドラマなのです。『一輝を演じさせていただいて、ありがとうございます』と、撮影のたびに毎回思っています」と、最後までドラマに対する熱い思いを語ってくれた。

台湾メディアに対しても、終日にわたって個別インタビューをこなしていた高橋。当日のうちに、この会見やイベントの模様を速報する地元メディアもあった。以前と比べると、日本での放送とタイムラグが少ない形で正規で海外にも放送や配信が行われるケースが増えている。こうしたドラマのプロモーションは、国境を越えて価値が高まっていくのではないか。海外でも変わらぬファンや記者の熱に応える高橋の姿を見ながら、そう思った。

■長谷川朋子(はせがわ・ともこ)
テレビ業界ジャーナリスト。2003年からテレビ、ラジオの放送業界誌記者。仏カンヌのテレビ見本市・MIP現地取材歴約10年。番組コンテンツの海外流通ビジネス事情を得意分野に多数媒体で執筆中。

あなたにおすすめ