間宮祥太朗&桜井日奈子で「いま最も泣ける」Twitter漫画が実写化!

ザテレビジョン

2018/11/6 06:00

新世代のSNS漫画家・世紀末による大ヒット作「殺さない彼と死なない彼女」が、このほど映画化されることが決定。併せて、間宮祥太朗と桜井日奈子がW主演を務めることが明らかになった。

原作となる「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA 刊)は、3つの物語からなる連作4コマ漫画。一見「変わり者」のようでいて、実は誰の心にも潜む衝動の代弁者でもあるキャラクターたちと、核心を突きながらも読者を包み込むような温かいメッセージで、SNSを飛び出して男女問わずに爆発的な支持を得た作品だ。

今回の実写版では、単行本に収録された表題作「殺さない彼と死なない彼女」に登場する〈殺さない彼〉小坂れいと、〈死なない彼女〉鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇となっている。

■ 気になる二人の役どころは?

今作で間宮祥太朗が演じる小坂れいは、何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校3年生。何かとキレやすく「殺すぞ」が口ぐせなツンデレ男子だ。

一方、桜井日奈子演じる鹿野ななは、小坂のクラスメート。「死にたい」が口ぐせのリストカット常習犯で、ネガティブすぎる言動により周囲から変わり者扱いされている。

ある日、教室で殺されたハチの死骸を埋めている鹿野と出会った小坂は、虫の命は大切に扱うくせに「死にたがり」な鹿野に興味を抱くように。鹿野も口の悪い小坂と本音で話すうちに、二人で一緒にいることが当たり前になっていく…。

■ 間宮祥太朗「小坂の叫びも静かに聞こえますように」

小坂れい役の間宮は、「台本を読むたびに、小坂と鹿野のやり取りのひとつひとつがとても微笑ましく、そして、監督と桜井日奈子さんとリハーサルや話し合いを重ねて作っていく時間も充実していました。

小坂も鹿野も他の登場人物たちも、『自分はここにいるんだ』という叫びを抱えた人達のように思います。それは夢や恋愛や自分の置かれた環境によって違い、個性でもある。それぞれが個性を持って絶望している。

思春期という言葉で一括りにしてしまわず、何故葛藤していて、何に救われるのか。日常を過ごす当人たちの温度を感じていただけたらと思います。小坂の叫びも静かに聞こえますように」と役柄への思いを告白。

■ 桜井日奈子「鹿野はたくさんの矛盾を抱えたキャラクター」

鹿野なな役の桜井は、「私が演じる鹿野ななは、つかみどころのない、たくさんの矛盾を抱えたキャラクターです。初めて演じるタイプの役で苦戦していますが、だからこそ、この現場で得られるものがたくさんあるなと実感しています。

撮影はカットごとに、みんなで映像をチェックしながら、一つ一つのシーンを丁寧に作っています。色々な表現を、自分の目で確かめながら進めていけることはとてもありがたく、鹿野を演じながらも自分自身と向き合っている感じです。

この作品がたくさんの皆さんに届きますように。小林(啓一)監督やスタッフの皆さん、そして間宮祥太朗さん、キャストの皆さんと一緒にがんばりたいです」と意気込みを明かした。

■ 世紀末「スクリーンの中で笑ったり泣いたりする彼らに会えるのが楽しみ」

そして、原作者の世紀末は「映画化が決定したと聞いた時、ベストセラーでもない私の作品が映画化だなんて騙されているんじゃないかと怖くなりました。おまけに主演が間宮祥太朗さんと桜井日奈子さんというステキなお二人だなんて、これを書いてる今もまだ信じられない自分がいます。

ですが、実際に現場にお邪魔させていただくと、小林監督をはじめとした本当にたくさんの方が『良いものを作る』という目で動かれていて圧倒されました。『殺さない彼と死なない彼女』を愛してもらっていました。紙から飛び出して大きなスクリーンの中で笑ったり泣いたりする彼らに会えるのがとても楽しみです」と期待をのぞかせた。

映画「殺さない彼と死なない彼女」は、2019年秋公開予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168297/

あなたにおすすめ