間宮祥太朗&桜井日奈子がW主演 「いま最も泣ける」Twitter発の人気コミック実写化<殺さない彼と死なない彼女>

モデルプレス

2018/11/6 06:00

【間宮祥太朗・桜井日奈子/モデルプレス=11月6日】SNS漫画家・世紀末の処女作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)を俳優の間宮祥太朗と女優の桜井日奈子をW主演に迎え、実写映画化することが決定した。

◆SNS漫画家・世紀末「殺さない彼と死なない彼女」映画化



重版10刷を突破した「いま最も泣ける」と話題のTwitter発の原作「殺さない彼と死なない彼女」(殺カレ死カノ)は、3つの物語からなる連作四コマ漫画。自分が可愛いことを自認し、周囲からの愛を求め続ける“きゃぴ子”と正反対のしっかり者の親友“地味子”。恋愛に無関心な草食男子“八千代くん”に何度フラれても告白し続ける“君が代ちゃん”。 キレやすいツンデレ系彼氏と付き合う、心優しいネガティブ女子“死なない彼女”。そして今回の実写版は、単行本に収録された表題作「殺さない彼と死なない彼女」に登場する<殺さない彼>小坂れいと<死なない彼女>鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇だ。

本作に登場するキャラクターたちは一見「変わり者」のようでいて、じつは誰の心にも潜んでいる衝動の代弁者でもある。自分の想いにまっすぐで、不器用で、ありのままで生きようともがいているだけ。誰もが生まれ持っている心の“やわらかい”部分を思わずクスリと笑ってしまう愛嬌あるキャラクターと、核心を突きながらも読者を包み込むような温かいメッセージで表現したことにより、本作はSNSを飛び出して男女問わず支持を得た。

映画化について、世紀末は「映画化が決定したと聞いた時、ベストセラーでもない私の作品が映画化だなんて騙されているんじゃないかと怖くなりました。おまけに主演が間宮祥太朗さんと桜井日奈子さんというステキなお二人だなんて、これを書いてる今もまだ信じられない自分がいます」とコメントしている。

◆間宮祥太朗:<殺さない彼>小坂れい役



主人公・小坂れい役には、『高台家の人々』(16)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16)、『帝一の國』(17)など人気コミックの実写版で個性豊かなキャラクターを見事に演じ分け、その存在感と演技力で高く評価されている間宮。2017年には映画『全員死刑』(小林勇貴監督)で初主演を果たし、2018年には『不能犯』(18)、『食べる女』(18)、テレビではNHK連続ドラマ「半分、青い。」や「BG 身辺警護人」(EX)、「ゼロ 一獲千金ゲーム」(NTV)など話題作に立て続けに出演。2019年には俳優生活10周年目を控え、今最も注目を集めている人気若手俳優の一人だ。

間宮は「小坂も鹿野も他の登場人物達も、自分はここにいるんだという叫びを抱えた人達の様に思います。それは夢や恋愛や自分の置かれた環境によって違い、個性でもある。それぞれが個性を持って絶望している。思春期という言葉で一括りにしてしまわず、何故葛藤していて、何に救われるのか。日常を過ごす当人達の温度を感じて頂けたらと思います」とメッセージを寄せた。

◆桜井日奈子:<死なない彼女>鹿野なな役



そして、もう一人の主人公・鹿野なな役には、映画『ママレード・ボーイ』(18)で初主演を果たし、続く『ういらぶ。』(18)でもヒロインを務め、ドラマやCMだけにとどまらず2018年10月からはNHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」で初MCを務めるなど、活動の幅を広げ続けている桜井。次世代を担うフレッシュな顔ぶれが集結し、瑞々しい感性で綴られる本作の世界をより鮮やかに彩る。

桜井は「初めて演じるタイプの役で苦戦していますが、だからこそ、この現場で得られるものがたくさんあるなと実感しています」と撮影の感想を明かし、「色々な表現を、自分の目で確かめながら進めていけることはとてもありがたく、鹿野を演じながらも自分自身と向き合っている感じです。この作品がたくさんの皆さんに届きますように」と願いを込めた。

◆監督は小林啓一



また、監督・脚本を手がけるのは小林啓一。テレビ番組、ミュージックビデオ、CM、ビデオドラマ、ウェブドラマ等の作品を多数手がけたのち、長編映画デビュー作『ももいろそらを』(12)が第24回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門にて最優秀作品賞を受賞。翌年には世界最大のインディーズ映画祭であるサンダンス映画祭ワールドシネマコンペティションに選出され、「日本映画の新鮮で革新的な監督の誕生」と絶賛されるなど、日本映画界注目の才能の持ち主。

今回の映画化にあたっては、「間宮くん、桜井さんをはじめ、癖のあるキャラクターがどうすれば生き生きと存在できるか、皆で色々試しながら作っている最中ですが、既に素敵なシーンが数多く撮れています」と撮影の様子を明かしている。

なお、本作は10月20日にクランクイン、2019年秋に全国ロードショー。(modelpress編集部)

■主演:間宮祥太朗(小坂れい役) コメント



台本を読むたびに小坂と鹿野のやり取りのひとつひとつがとても微笑ましく、そして、監督と桜井日奈子さんとリハーサルや話し合いを重ねて作っていく時間も充実していました。小坂も鹿野も他の登場人物達も、自分はここにいるんだという叫びを抱えた人達の様に思います。それは夢や恋愛や自分の置かれた環境によって違い、個性でもある。それぞれが個性を持って絶望している。思春期という言葉で一括りにしてしまわず、何故葛藤していて、何に救われるのか。日常を過ごす当人達の温度を感じて頂けたらと思います。小坂の叫びも静かに聞こえますように。

■主演:桜井日奈子(鹿野なな役) コメント



私が演じる鹿野ななは、つかみどころのない、たくさんの矛盾を抱えたキャラクターです。初めて演じるタイプの役で苦戦していますが、だからこそ、この現場で得られるものがたくさんあるなと実感しています。撮影はカット毎に、みんなで映像をチェックしながら、1つ1つのシーンを丁寧に作っています。色々な表現を、自分の目で確かめながら進めていけることはとてもありがたく、鹿野を演じながらも自分自身と向き合っている感じです。この作品がたくさんの皆さんに届きますように。小林監督やスタッフの皆さん、そして間宮祥太朗さん、キャストの皆さんと一緒に頑張りたいです。

■監督・脚本:小林啓一 コメント



印象的なタイトル、一癖も二癖もあるキャラクター。 原作が四コマ漫画ということで独特なリズム感と世界観を作り上げることに試行錯誤しながら撮影は進んでいます。 間宮くん、桜井さんをはじめ、癖のあるキャラクターがどうすれば生き生きと存在できるか、皆で色々試しながら作っている最中ですが、既に素敵なシーンが数多く撮れています。 登場人物と同世代はもちろん、色々な世代に観ていただきたいです。きっと、この映画から恋人、家族、友人、大切な人の温もりを感じてもらえると思います。 頑張ります!

■原作:世紀末 コメント



映画化が決定したと聞いた時、ベストセラーでもない私の作品が映画化だなんて騙されているんじゃないかと怖くなりました。おまけに主演が間宮祥太朗さんと桜井日奈子さんというステキなお二人だなんて、これを書いてる今もまだ信じられない自分がいます。ですが実際に現場にお邪魔させて頂くと小林監督をはじめとした本当にたくさんの方が「良いものを作る」という目で動かれていて圧倒されました。『殺さない彼と死なない彼女』を愛してもらっていました。紙から飛び出して大きなスクリーンの中で笑ったり泣いたりする彼らに会えるのがとても楽しみです。

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ