注目のイケメン俳優・小関裕太が演じる、“完璧すぎる”天才バスケ選手の魅力とは?

Movie Walker

2018/11/6 05:00

土屋太鳳が学校で人気の男子バスケ部4人との出会いを通して変わっていく“ぼっち女子”の主人公・美月を演じる青春ストーリー『春待つ僕ら』(12月14日公開)。本作で、物語を左右する重要な役目を担っているのが、美月の幼なじみでアメリカ帰りの天才バスケ選手・神谷亜哉。このキャラクターについて土屋は「亜哉ちゃんは素敵なものをキュッと凝縮したキャラクターです」と語る。

小学生の頃にひとりで公園で泣いていた美月を慰めてくれた幼なじみの亜哉は、その後アメリカに渡り天才的なバスケット選手へと成長。美月がバスケ部4人と交流を重ね、その中で一番無口な天然キャラの永久に惹かれるようになった頃、帰国した亜哉は5人の前に姿を現すのだ。

「亜哉には、努力をしてきたという自信と実感があります。この作品の中で唯一、自分に自信があると自覚している役だと思います」と語るのは、亜哉を演じた小関裕太。『曇天に笑う』や『私に××しなさい!』、NHK連続テレビ小説「半分、青い」など、今年出演作が相次ぐ注目の若手イケメン俳優・小関。そんな彼が亜哉を演じるために心がけたことは“美月への愛”だという。

人一倍努力を重ねてきた実績から、揺るぎない自信を持つ亜哉。彼はただ自信家なだけではなく、想いを寄せる美月に対しての優しさも備えた、まさに誰から見ても“完璧”な存在。そんな亜哉と対戦するバスケ部のメンバー・竜二を演じた杉野遥亮さえも「(本作の男子キャラ)5人の中なら、亜哉ちゃん派です」と、すっかり亜哉の人間としての魅力に心奪われたようだ。

また、亜哉とバスケ部4人との関係について土屋は「4人が亜哉ちゃんに感じるコンプレックスは、人が人に対するコンプレックスなのではないかと思いました。試合のシーンは、人が成長する姿がわかる大事なシーンだと思います」と、そこに勝敗を超越したドラマ性があることを明かす。6人の高校生が繰り広げるバスケ・友情・恋といった青春のすべてを網羅した熱い物語と、その奥に秘められた世代を問わず響く普遍的なメッセージに、きっと誰もが胸を打たれること間違いなしだ。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

https://news.walkerplus.com/article/168212/

あなたにおすすめ