変人・軽部のいない職場は紅ショウガのない牛丼!! TBS側の痛恨の演出ミス『下町ロケット』第4話

日刊サイゾー


 阿部寛主演の熱血理系ドラマ『下町ロケット』(TBS系)は、前半戦となるゴースト編が早くもクライマックスです。1クールのドラマに直木賞作家・池井戸潤の新刊小説『下町ロケット ゴースト』『下町ロケット ヤタガラス』(ともに小学館)の2巻を惜しげもなく投入しているので、物語の展開がやたらと速いのがこのシリーズの特徴です。阿部寛演じる佃社長は、ベンチャー企業「ギアゴースト」とのM&Aを無事に果たすことができるのでしょうか? 『下町ロケット ゴースト』第4話を振り返ってみましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

今回はサスペンスタッチの細かいカット割りで物語が進んでいきます。極秘情報だったはずの佃社長(阿部寛)率いる「佃製作所」と伊丹社長(尾上菊之助)が立ち上げた「ギアゴースト」とのM&Aですが、どうも内通者がいるようです。弁護士の神谷(恵俊彰)は「ギアゴースト」側を疑っています。「ギアゴースト」の誇る天才エンジニア・島津(イモトアヤコ)の開発情報が、ライバル社「ケーマシナリー」にダダ漏れしているのではないかと。「社員は家族。家族を疑うことなんてできない」と伊丹社長は怒って退席してしまいます。

「ギアゴースト」が特許侵害で15億円の損害賠償を求められている問題を、陰で操っているのは悪徳弁護士の中川(池畑慎之介)です。中川弁護士が「ケーマシナリー」の知財部長・神田川(内場勝則)といつもの薄暗い中華料理店で悪企みをしていると、そこに現われたのは「ギアゴースト」の顧問弁護士・末長(中村梅雀)でした。内通者は社員ではなく、弁護士だったのです。弁護士がクライアントの情報を外部に流すことは到底許されません。でも、末長は3億円という大金に目がくらんで魂を売ってしまいました。タヌキ顔の中村梅雀にタヌキ親父役を演じさせるという、非常に分かりやすい配役ですね。さらに佃社長を敵視する新興企業「ダイダロス」の重田(古館伊知郎)がここに加わり、最凶ヒール軍団が結成されたのです。

一方、15億円の賠償金を請求されている「ギアゴースト」を救いたい佃社長は、裁判に少しでも有利になるような証拠探しを始めます。島津が新型トランスミッション開発の際に参考にした論文を見つけ出し、「ケーマシナリー」の特許を盗んだのではないことを証明しようと考えたのです。これも神谷弁護士の入れ智恵です。第2話では神谷のアドバイスに従って、「佃製作所」はクロスライセンス契約が可能な製品はないかと延々と「ギアゴースト」と「ケーマシナリー」のパーツを分解し続けるという無駄骨を折りましたが、今回もその二の舞いになりそうです。島津に相談することもなく、佃社長は全社員に命じて膨大な量の論文を片っ端から調べ始めます。中川弁護士に負けず劣らず、神谷弁護士もひどい男です。

「1%でも可能性があれば、それに賭けるんだ」と佃社長は熱く語りますが、これはどう考えても無謀すぎるというもの。会議室に広げられた論文の山を、「佃製作所」の社員は総出で読み始めます。立花(竹内涼真)もアキ(朝倉あき)も社員はみんな、熱血理系バカの佃社長のことが大好きなので、ひと言も文句を言わずに黙々と論文を読んでいます。念のために説明しておきますが、「ギアゴースト」はまだ買収する前の別会社にしかすぎません。その別会社が裁判でもしかしたら有利になるかもしれないという資料を、全社員で闇雲に探し続けているのです。当然ですが、論文チェックはサービス残業でしょう。「佃製作所」は毎日がサービス残業DAYです。

このシーンを見ていて、何か足りないことに気づきました。「佃製作所」きっての変人キャラ・軽部(徳重聡)がいないのです。今週の軽部は序盤にチラッと登場しただけで、論文チェックの場面には姿を見せませんでした。軽部なら、こんな非効率な作業に対し「はぁ、残業? 俺はイヤ~ッ」とさっさと定時で帰ったことでしょう。佃社長に面と向かって文句を言える平社員・軽部は、とても貴重な存在です。イケメンキャラを捨てた徳重の変人ぶりを毎週チェックするのが楽しみだっただけに、重要な局面での彼の不在は残念でした。もはや軽部のいない「佃製作所」は、紅ショウガの入っていない吉野家の牛丼と言っても過言ではありません。TBS側の痛恨の演出ミスです。

■男泣き! 立川談春の名台詞


 出番の少なかった軽部に替わって、第4話でクローズアップされたのは「佃製作所」経理部長・殿村(立川談春)の去就です。殿村は新潟県燕市で米づくりをしている父・正弘(山本學)が倒れたため、週末は実家の手伝いをするようになっていました。父からは「米づくりはサラリーマンが片手間でやれるようなもんじゃない」と釘を刺されていましたが、殿村は素人なりにも土地をトラクターで耕し、田植えまでしたことで先祖代々にわたって続けられてきた米づくりに愛情が湧くようになっていました。農家を継ぐ気になっている息子を、老いた父は「農家よりもサラリーマンのほうが安定している」と諭します。もう米づくりは自分の代で終わりだと。東京で会社員生活を続けてきた殿村は、ここでぽろりと本音を呟くのでした。「サラリーマンは収入は安定しているけど、心の安定はないよ」と。

殿村は元々は銀行員でしたが、口ベタなために出世コースから外れ、名もない「佃製作所」に出向させられた落ちこぼれサラリーマンです。ままならない人生をずっと歩んできました。でも、そんな殿村は“理系バカ”佃社長の情熱に触れ、佃社長の夢を実現させることで自分の居場所も見つけることに成功したのです。これまで「佃製作所」の窮地をその実直な人柄で何度も救ってきた殿村ですが、佃社長や苦楽を共にしてきた同僚たちとの別れの時間が近づいてきました。佃社長のおかげで自分の居場所を得た殿村ですが、今度は自分の力でしか守ることができない大切な居場所を見つけたのです。夕日が沈む水田に向かって手を合わせて何度も頭を下げる父・正弘の姿を見て、殿村は先祖代々続いた米づくりを自分が受け継ぐことを決心します。少年合唱団「LIBERA」の天使の歌声が、殿村父子のバックに流れるのでした。

殿村がサラリーマンから農業に転職することを、妻の咲子(工藤夕貴)も賛成します。実際に静岡県富士宮市で無農薬野菜を育てている工藤夕貴ですから、これは当然の答えでしょう。スーツに着替えた殿村は「佃製作所」に出社し、毅然とした表情で社長室の扉を開けます。「この会社で過ごしたことで、私でもモノづくりの楽しさを知ることができました。オヤジの米づくりの情熱の欠片を理解することができたんです。何が大切かを教えてくれたのは社長です。ありがとうございます」と退職する意向を伝える殿村でした。目の前のことにすぐ夢中になってしまう佃社長にとって、冷静沈着な殿村は欠かせない存在です。でも、そんな大切な部下が新しい人生の決断をしたのですから、もう止めるわけにはいきません。男泣きしながら、殿村の門出を応援する佃社長でした。プロ野球の巨人軍も、佃社長のように気持ちよくエース・菅野智之をメジャーリーグに送り出してほしいものです。

■ブラック企業ではないとは言い切れない「佃製作所」の今後


 第4話を見ていて感じたのは、吹けば飛ぶような「佃製作所」の経営がなんとか成り立っているのは、立花やアキといった若い技術者たちが寝る暇を惜しんで開発に取り組み、経理部の殿村は週末も資料を持ち帰って予算繰りに思案を巡らすという、多くの社員たちの献身的奉仕があるからだということです。佃社長のロケット開発、そして農業用トラクターの改良という夢を実現させるために、社員たちは多大なる情熱を搾取されているわけです。経営者と社員との間に齟齬が生じれば、「佃製作所」も年末恒例の「ブラック企業大賞」にノミネートされかねません。

これからの『下町ロケット』で重要な役割を担うのは、はやり変人・軽部ではないでしょうか。経理部長の殿村がいなくなった後の「佃製作所」において、佃社長に対して技術面以外でストレートに意見できるのは軽部だけです。サービス残業を瞬時で断れる男・軽部なりの喜びや生き甲斐を描くことで、新シリーズは職場の多様性や働くことの新しい意味を伝えることができるはずだと思います。

第4話の視聴率は13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でした。第3話では今期最高となる14.7%まで上昇したものの、さらなる更新はならず平凡な数字に落ち着きました。超地味な題材と地味めのキャストで13%台をキープしているのはすごいことですが、TBS品質・日曜劇場ブランドに胡座をかくことなく、さらに果敢にチャレンジしてほしいものです。今回はサスペンスタッチにすることで、物語の流れを止めてしまう軽部の出番を少なくしたことが惜しまれます。軽部の変人ぶり、独自の言語センスを毎週欠かさず盛り込めば、まだまだ話題は広まるに違いありません。軽部は昼食に何を食べているのか、定時に退社して何をしているのかも、ぜひ描いてほしいと思います。ゴースト編の完結となる第5話では、軽部は一体どんなサプライズを見せてくれるのでしょうか。
(文=長野辰次)

当記事は日刊サイゾーの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ