交際をスタートした時点で将来の話ってする? しない?




付き合ったばかりのときに結婚や子どもの話をするのは、相手に重たいと思われてしまうのでタブーだと一般的に言われていますが、実際みんなどうしているんでしょう? 今回は交際をスタートした時点で、将来の話をするかしないかについて、女子の意見を聞いてみました。

交際当初に将来の話ってする?

お互いに結婚を意識していた



「出会った当初、私が29歳で彼が33歳だったこともあって、お互いが結婚を意識していました。だから交際する前からすでに結婚などの将来の話は出ていましたね。もしこちら側に結婚願望があるなら、相手に結婚願望があるかないかってとても重要なことなので、思い切って聞くべきだと思います」(32歳・Fさん)

▽ 結婚相手を本気で探しているときには、はっきりと聞くべきですよね。長らく付き合ってから、相手に結婚願望が一切ないことがわかるとショックが大きいですから。

持病があって早く子どもを生む必要があるから

「私に持病があることもあり、20代で子どもを産まなければ子どもを持つことが難しいことがわかっています。付き合い始めたばかりの相手にそんな話をするのは重たいとわかっていたけれど、付き合う人にはその話をして、もちろんそれを受け入れることができない人もたくさんいました。
でも今の彼はそのことを踏まえて、結婚を前提に交際がスタートし、もうすぐ結婚します」(24歳・Kさん)

▽ この事実を受け入れることのできる、包容力のある男性を探すのはなかなか大変だったと思います。素敵なお相手が見つかってよかったですね。

重たい子になる可能性もあるし難しい

「考え方が古いかもしれないけれど、結婚の話を女性側からするのはちょっと難しいかなあと思っています。ヘタしたら、すごく重たい子だと思われるかもしれないし。私は彼にとって結婚したいと思える女になるように、さり気なく努力するかなあ」(27歳・Nさん)

▽ 手料理を振る舞ったり、お掃除をちゃんとしたりして、いい奥さんになりそうなところをアピールするわけですね! そうすることで週に1回のデートだったところから、週に何回も会いたい、ずっと一緒にいたいと相手が思うようになってくれることを願います。

傷つきたくないから無理!



「将来のことについて彼に聞いて、もし『なにも考えない』とはっきり言われたら傷つくと思い、怖くて聞けなかった。それにプロポーズはサプライズであるべきだという考えが自分の中にあったので、一度も聞かなかった」(32歳・Iさん)

▽ 勇気を出して将来のことについて聞いたのに、まったく何も考えないなんて言われたらもう悲しすぎますよね。いい答えを期待していた場合には特に……。やはり突然のプロポーズって憧れますもんね。

あなたにおすすめ