V6坂本昌行、多部未華子の初挑戦を絶賛<TOP HAT>

モデルプレス

2018/11/5 21:00

【坂本昌行・多部未華子/モデルプレス=11月5日】V6の坂本昌行と女優の多部未華子が5日、都内で開催されたミュージカル「TOP HAT」の囲み取材に、共演の屋良朝幸、朝海ひかる、益岡徹、浅野和之とともに出席した。

映画『トップ・ハット』を基にする本作は、人気ミュージカルスターのジェリー・トラヴァース(坂本)と、デイル・トレモント(多部)らが織りなす恋物語を描くミュージカル。

主演の坂本は上演を前に「ドキドキもありますけども、できる喜びの方が上回っているかもしれないですね」と心境を明かし、タップシーンやペアダンスを見どころに挙げつつ「衣裳が非常に素晴らしい。それを見るのも一つの見どころだと思いますね」と魅力をアピール。金髪のヒロイン役を務める多部も「衣裳は私たち以外の方も、みんな華やかで豪華で。私もこれを着る以上は、素敵なパフォーマンスをしたいなと思っています」と意気込みを語った。

自身初のミュージカルとなる本作で、タップダンスを披露することに関して、多部は「だいぶ特訓しました。歌も踊りも。それが今日から、どうお客さんの前でお披露目できるか、まだちょっと自分も未知の世界なんですけど(笑)」と緊張している様子。そんな多部のタップダンスを、坂本は「『本当に初めてなの?』って思うくらいの出来ですし、何と言っても、線がきれいなので。一緒にやっていても、どうやったら美しくなるかな?って考えますよね。デュエットする方としては」と称賛した。

◆坂本昌行、後輩・屋良朝幸の成長に感心



一方、デイルに想いを寄せる衣裳デザイナーのアルベルトに扮する屋良は「多部ちゃんとのシーンがすごく多いので、彼女を素敵に見せるように、頑張りたいと思います」と気合十分。そんな屋良と、およそ20年ぶりの共演に話が及ぶと、坂本は「初めてやったとき、正直覚えてなくて」と告白。これを聞いた屋良は「けっこう面倒見てもらったんですよね」とフォローを入れた。

照れ笑いを見せた坂本は「正直ね。必死だったんですよ。僕も。その時。色々と」と振り返り、「もうジュニアっていう枠から抜けて、1人の役者として頑張っているので。今回もずっと『(共演は)どうですか?どうですか?』って言われるんですけど、そんなにアドバイスする必要性もないし。しっかりとね、地に足ついていますよね」と、成長した後輩の姿に感心していた。

ミュージカル「TOP HAT」は11月5日より東急シアターオーブにて上演。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ