iPad Proレビュー:「X」化を果たし、未来を先取りするコンピュータ - 松村太郎のApple深読み・先読み


●「X」化を果たした新iPad Pro
Appleは、10月30日に米国ニューヨークのブルックリンで開催したイベントで、iPad Proを刷新した。今回のアップデートは、iPadの「X化」(テン化)と表現できる。

iPad Proは2015年の登場以来、初めてとなる大幅なデザイン変更を受けた。今回から、iPhone Xシリーズと同様にホームボタンを廃止したオールスクリーンデザインを採用している。iPhone XRと同様、液晶ディスプレイながら縁まで敷き詰めるLiquid Retinaディスプレイを採用し、角は丸くボディデザインとの一体化が図られた。また、TrueDepthカメラを搭載し、縦でも横でもFace IDの顔認証によってロック解除できるようになる。

こうしたフォームファクターは、2017年に発表したiPhone Xを踏襲するもので、iOSを共有するiPadにいち早く取り入れた格好だ。なお、ホームボタンがある廉価版の第6世代iPadに加え、2017年モデルの10.5インチiPad Proはラインアップに残されている。
○オールスクリーンデザインの使い心地

iPadは、2010年からその形や画面サイズをほぼ維持してきた。そのなかで、パネルサイズが最大となる12.9インチモデルは2015年に登場し、大型モデルとして特にクリエイターなどに向けてアピールしてきた。

Liquid Retinaディスプレイの採用とホームボタンの廃止は、12.9インチモデルの外形をより小さくすることに成功している。そして、画面に触れれば点灯し、即座にFace ID認証が行われ、下の辺を上に短くフリックすればホーム画面に移動できる。既にiPhone X以降のスマートフォンに触れていれば、そのままのノウハウで、このホームボタンなしのタブレットを操作できるようになる。

縁が狭くなったことで、どうしても画面に指がかかってしまうため、これまでよりも持つ場所を気をつける必要がある。確かに、画面の縁は誤って反応しないような仕組みが備わっているが、これまでよりもより縁がなくなったため、普通に画面を押しているように反応する場面も見られた。

ディスプレイの解像度や性能はこれまでと同様だ。ProMotionテクノロジーは、画面のリフレッシュレートをコンテンツによって24~120Hzで可変させ、最適な画面描画を提供する。P3に対応する高色域ディスプレイや最大600ニトの明るさも、あらゆる場面で美しい画面表示が得られるだろう。
○アクセサリの進化は、それだけでアップデートする材料になる

iPad Proには、登場時からSmart KeyboardとApple Pencilという2つのアクセサリが用意されていた。今回、そのどちらもがより使いやすく進化している。

まず、Smart Keyboardは「Smart Keyboard Folio」と名前を変えた。iPhone X向けに用意されているフォリオケースは、端末を包み込むようにして表と裏の双方を保護するケースだ。今回、iPad Pro向けにも、フォリオケースの特徴を受け継いで表裏を保護する新しいキーボードフォリオが用意された。

キーボード部分はこれまでと同じだ。筆者は10.5インチのiPad Proを使ってきたため、それに比べるとキートップ部分は大きく、よりタイピングしやすくなった。

ケースが背面を包み込む構造となったため、3つの接点であるSmart Connectorは、背面のiPadロゴの下に移動された。この位置に配置した理由は、デザイン全体のバランスを考えてのことだという。iPad Proの背面には102個もの磁石が備わり、特に溝などをボディに入れなくても、ピタッと正しい位置に固定される。

Smart Keyboard Folioは、iPadを傾けて開くことができる仕組みを備えているが、ポジションはこれまでの1つから2つに増やされた。手前の溝は膝の上で利用するためのもので、より寝た角度で固定され、デバイスのバランスも良くなる。もう1つはデスク用で、より立った角度で固定される。デスク用のポジションでも垂直まではいかず、ビデオを撮影する際のスタンドとしてはあまり適さない印象だ。

新しいApple Pencilは、これまで通り240Hzで動きをピックアップし、筆圧と傾きを検出する仕組みは変わらない。しかし、ペン先とは逆の後端にあった充電とペアリング用のLightningコネクタは廃止された。

その代わり、軸の一部は平らになり、その部分を本体の右側面(Smart Keyboard Folioに装着した場合は上)に磁石で固定できるようになった。これにより、Apple Pencilで悩みのタネだった「Apple Pencilをどのように持ち運ぶか」という問題は解消される。

さらに、iPad ProとApple Pencilは2つの磁石により正しい位置に固定され、効率よくワイヤレス充電が行える。本体に固定するだけでペアリングと充電が行えるので、より手軽な管理を実現してくれる。

Appleは、新しいApple Pencilを「ボトルボート」のようだと表現する。瓶の中に精巧に作られた船の模型のように、どうやってこの中に収めたのか不思議になるほど、非常に多くの仕組みが鉛筆サイズの軸に収められているというのだ。

先述のワイヤレス充電やバッテリーに加え、ペンを握る部分にはぐるりとタッチセンサーが巻かれており、ダブルタップの操作でペンと消しゴムのツールを入れ替えるといった操作を実現している。これにより、手書きメモの場合でもスケッチの場合でも、このApple Pencilのジェスチャーによって、より作業に集中できるようになる。

ちなみに、Adobeが2019年にリリースする予定のiPad向けPhotoshop CCのプロトタイプでは、すでに新しいApple Pencilでの操作に対応していた。

キーボード付きカバーのSmart Keyboard Folioと、持ち運びと充電が簡単になったApple Pencilの存在は、現行のiPad Proを使いこなしている人にとって、新モデルへ買い換える動機になり得る進化だった。

●「普通のUSB-Cポート」を搭載
新型iPad Proでもう一つ大きなトピックだったのは、LightningポートをUSB-Cポートに変更した点だ。Appleは、iPad ProのUSB-Cポートを「普通のUSB-Cポートだ」と表現した点も印象的だった。つまり、MacやWindows PCに搭載されているUSB-Cポートと同じように利用できるという意味だ。iOSがサポートしない外部記憶装置やマウスなどのポインティングデバイス、シリアル通信などを除けば、おおむね対応していると考えてよい。

筆者はMacBook Pro用に、HDMIや通常のUSBポート、SDカードスロットやマイクロSDカードスロットなどを備えるUSB-Cハブを利用してきた。これをiPad Proに差し込んでも、そのまま利用できるのだ。

例えば、ハブのUSBポートにキーボードを接続すればそのまま動作するし、ハブのSDカードリーダーにデジタルカメラのSDカードを差し込めば、当然のように読み込みが始まる。そのUSB-CハブにMacの電源アダプタが接続されていれば、iPad Proの充電もできる。

簡単に言えば、Mac用に用意したUSB-Cアクセサリのほとんどを、iPadでも共有できるということだ。これは、USB-C・Thunderbolt 3接続の外部ディスプレイにも同じことがいえる。Lightning接続のアクセサリをiPad Proのためだけに投資しなくても良くなる点は、iPadとMacやWindows PCを併用している人にとって、非常に大きなメリットをもたらしてくれる。

外部ポートでは、iPhoneと同じようにヘッドフォンコネクタが廃止された。iPad Proにはもともとヘッドフォンが付属していなかったことから、USB-Cとヘッドフォンコネクタの変換アダプタは用意されていない。

そのため、Bluetoothでワイヤレスヘッドフォンを利用するか、Apple Storeで変換アダプタを購入する必要がある。ただ、Androidスマートフォンに付属する変換アダプタがそのまま利用できることも確認できた。この点からも、普通のUSB-Cポートらしさがうかがえる。
○パフォーマンスはMacBook Proに匹敵

Appleは新しいiPad Pro向けに、A12X Bionicプロセッサを用意した。いうなれば、「エンジンを3つ搭載しているモンスターマシン」という表現がふさわしい。

CPUは、効率コア4つ、性能コア4つの8コアに拡張された。GPUも3つ増やされ、7コア化された。そして、iPadとしては初めて搭載した8コアのニューラルエンジンが備わる。これが3つのエンジンの中身だ。

CPUの処理性能は、A10X Fusionを搭載する先代のiPad Proのおよそ2倍となり、MacBook Pro 13インチに迫る。グラフィックスは、Appleがもっとも自信を見せるセールスポイントであり、ディスクリートグラフィックス搭載モデルに迫る性能を発揮するという。Photoshopなどを開発するAdobeは、このグラフィックス性能と、その性能を活用できるようにしているMetal 2によって、高度な処理をiPadで実現させている。

Appleは、iPad Proの設計上のメリットとして、メモリが共通化されている点にあるという。MacをはじめとするPCの場合、CPU、GPUがそれぞれDRAMを持っており、一般的なアプリを動作させるとき、そのメモリ間を情報が行ったり来たりしている。だが、iPadではメモリを共通化しているため、そうした非効率が起きにくいそうだ。

さらに、機械学習処理を秒間5兆回行うニューラルエンジンの存在がある。先述のAdobeも、iPad向けのアプリはこのニューラルエンジンを活用する機械学習処理を生かしたクリエイティブ系アプリを開発している。明言こそしていないが、こうした機械学習処理に長けたプロセッサを備えないMacやWindowsなどのプラットホームよりも、速度やクオリティの面でiPad Proが有利となる場面も、今後出てくるかもしれない。

そのことは、AppleがiPad Proに持たせている大きな優位性でもある。Apple自身はARプラットホームにおいて、そしてサードパーティーの開発者に対しても、iPad Proのコンピュータとしての大きな差別化要因を作り出す原動力となるだろう。
○タブレットを吸収したコンピュータの未来

Appleは、iPadをコンピュータのカテゴリとして扱い、その処理性能と価格のバランスがとても優れている点をアピールしている。実際、日本円で20万円ほどするMacとそん色ない性能を発揮するiPad Proが10万円程度で購入できるのだ。

ただ、課題も存在する。アプリのラインアップの乏しさだ。しかし、この点も2019年に状況が大きく変化していくことになるだろう。すでにMicrosoft Officeは用意されており、AdobeもPhotoshopのフル機能版を投入することから、これらと競合する多くのアプリがiPad向けに最適化されて提供されていくとみられる。

加えて、Appleは2019年から、iOSアプリとmacOSアプリでコードを共有する仕組みを一般の開発者にも提供する。このことは、大きなアプリ開発コミュニティを擁するiOSアプリがMacに流れ込むメリットが大きくなると考えられるが、Mac用のアプリがiPadで利用できるという流れが拡がることも期待できる。

2019年以降、アプリの充実や開発環境の変化から、MacとiPad Proの双方を利用しやすくなっていくのは間違いない。それに先んじて、Appleはパフォーマンスの向上に重きを置いて刷新を図ったMac miniを同時に発表した。これまでMacBook Proのみを使っていたユーザーが、デスクトップのMac miniと、モバイルのiPad Proを組み合わせる使い方は、クリエイターを中心に、パフォーマンスとコストメリットを両立させる選択になっていきそうだ。

そうした意味からも、今回のiPad Proは、Appleが描く「コンピュータの未来」にとってとても重要な1台となる。また、そうしたスタイルを先取りできるデバイスとして、安心して投資できるといえるだろう。

あなたにおすすめ