眩いばかりのヤル気じゃん…男が喰いつく「ダダ漏れモテ女」の特徴#61

ananweb

2018/11/5 20:30

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、25歳の男に迫られて困っているアラフィフ女子! 素敵なご自慢に佑雪さんのリアクションは?
文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

【クラブ佑雪】vol. 61

「息子ほどの年下クンに迫られて……」


いつも楽しく拝見しております。 現在49歳独身です。先日、知り合ったばかりの25歳の男性に迫られました。 普段、年齢よりもかなり下に見られることが多いのですが、実際の年齢も話していますし、その上で襲ってくる(笑)心理がイマイチよく理解できず。お金持ちマダムでも、テクニックがあるわけでもなく。 今どきの若者っていったい……マニア? ともやもやしている今日この頃です。 彼氏はいて、たまに2号的なひとは何人かいたのですが、さすがにこれだけ離れているとなると。 佑雪ママは、かなりの年下との経験ありますか?

(アンジー 49歳独身 SE)

■ 女がアガる直前は、ハンパないらしいよ!

まずは素敵な自慢をありがとう存じます。

このくらいの年齢で「モテてモテて困ってるの~」という女性って、美人、不美人に限らず、とにかく漏れまくってるんですよね! 何が漏れてるの? ってくらいにダダ漏れてる! で、漏れてる女はもれなく「アガっちゃう前に、女を目一杯楽しまなきゃ!」という強迫観念に取り憑かれている。というのが、わたくしの持論なんですが、いかがでしょうか?

で、そのダダ漏れてるものっていうのは、どうしちゃったの? なんでそんなにそのことが怖いの? みたいな強迫観念が体中の毛穴から噴き出したものだと思うんですね。それは色気とか、フェロモンといえば美しいけれども、やりたさ満点の “好きものの気” なわけです。沈みゆく直前に燦然と輝く夕日のように、閉経寸前のメスが眩いばかりのやる気を放って、ひょっとしたら産んでたよね? くらい年下の男を引きつけてしまうと。

そう、それはみんな大好き、引き寄せの法則! 同じレベル、同じパワー、同じエネルギーをもった物や者が自然に引き寄せられるという法則の発動により、同じくらい性欲の塊である若い男と引きあったと。そういうことかないでしょうか。なのでね、そんなにもやもやしなくても大丈夫!

そうそう、お問い合わせの件ですが、わたくしのようなひよっこがお相手をさせていただいた年下なんて、せいぜい10コ程度の年の差。産もうにも産めない程度でしかございませんので、お気になさらず。

ちなみに、うちの母親って、ふとしたときにエ!? なことを言い出す女なんですが、いつだったか「生理がなくなったらどうしようって心配してたけど、いざ、なくなると、あっちもさらに楽しくなるのよね! 妊娠の心配もないし」って。その前後に聞いた「お母さん、お父さんとは2週間に1回はあるのよ」とのシリーズものなんでしょうけど。ま、そういうこともあるようですから、みなさん、アガった後も期待して生きていこうではないですか。では。

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。初の著書となる『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)を3月29日に上梓。WEBサイト『食ベログメディア』で『出世ごはん』の連載中。

(C)Koldunov/Gettyimages

あなたにおすすめ