上白石萌歌、米津玄師作の「パプリカ」新バージョンを歌唱!『お芝居をしているように歌いました』

ザテレビジョン

2018/11/5 20:00

女優の上白石萌歌が、2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト「〈NHK〉2020応援ソングプロジェクト」で、「パプリカ」を歌うことが分かった。

米津玄師が作詞・作曲を担当し、小学生5人のユニット・Foorinが歌って好評を博している「パプリカ」。このたび同曲を作曲家・菅野よう子が編曲し、上白石が歌うことになった。

起用を受け、上白石は「このような貴重な機会に、素晴らしい楽曲を歌わせていただきとても光栄です」と喜び、続けて「私は今18歳なので子どもでも大人でもない、その両方のニュアンスを表現したいと思いました。

歌いあげるというより、語るように、お芝居をしているように、パプリカの世界観を自分の中で映像化して、皆さまにもその情景が浮かぶようにイメージしながら歌いました」とアピール。

そして「自分の歌声にのせてレジェンドスケーターの皆さんが滑ってくださる様子はまだ想像できませんが、ファンの皆さんが投稿したお花の画像が、スケートリンクにふわっと広がったら、どんなすてきな世界になるんだろうって、すごく楽しみです」とコメントした。

本曲は、NHKのホームページとYouTubeで視聴できる他、11月11日(日)放送の「2018NHK杯国際フィギュアスケート競技大会」の特別プログラムであるアイスショー「レジェンドオンアイス」でも使用されることが決定。

「レジェントドオンアイス」のフィナーレは、氷上で歴代の優勝者7人が共演し、投稿された花の写真を最新のデジタルテクノロジーで映像化、プロジェクションマッピングで彩られるスペシャルプログラムとなる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168233/

あなたにおすすめ