三ツ矢雄二・井上和彦、大物声優が明かすデビュー時のアテレコ現場に関智一「メンタル鍛えられそうですね」と唖然

AbemaTIMES

2018/11/5 19:43


 「タッチ」上杉達也役で知られる三ツ矢雄二と「サイボーグ009」島村ジョー役で知られる井上和彦、大物声優2人が昔の声優現場を振り返った。「ドラえもん」骨川スネ夫役で知られる声優・関智一は、大物2人が語る思い出話に驚きっぱなしだった。

 11月2日に生放送されたAbemaTV「声優と夜あそび」では、金曜MCを務める声優・木村昴が番組を欠席したため、もともとレギュラーの関智一に加え、三ツ矢雄二と井上和彦がゲスト出演して3人でフリートークを繰り広げた。

井上が初めて演じた名前のある役は「一休さん」哲斉役だった。清水マリが初代、神谷明が2代目として哲斉役を演じてきたが、井上は、「(哲斉は)『武士になりたい』って旅に出て、帰ってきたら僕の声になっていた」とキャスト変更の経緯を説明した。三ツ矢は、「あのころはチェンジがあったり、降ろされた人がいたり、入ってくる人がいたり、レギュラーもので長くなってくると、いろいろゴチャゴチャがありました。今みたいに(キャストなどが)フィックスしていない」と明かした。

また、三ツ矢は「今みたいに主役の人は主役路線っていうんじゃない。ある番組では主役をやって、ある番組では兵士Aだったりする。主役だったり端役だったりしても全然平気だし、そういうものだと思ってた」と当時を回想した。関が「逆にどっちもできなきゃダメみたいな」と相づちを打つと、三ツ矢も「そうそう」と頷いた。そういった大物2人が明かす昔の声優現場エピソードを聞いて、関は「メンタル鍛えられそうですね」とコメント。三ツ矢は、「そうね。でもそれが普通だったから、そんなに激しく緊張してたってことはない」と語った。

 また、昔は台本が当日に渡されることも珍しくなかったらしい。関が「最近は家で台本を予習しておくのが主流になりましたね」と言うと、三ツ矢は、「そう。みんなが(台本に)分数書いてくるじゃない? だから会話が噛み合わなくても自分の分数でしゃべる。でも昔は会話が噛み合っていれば、多少はズレていてもOKみたいなところがありました」と過去と現在を比較した。関は、「なるほど。芝居重視的な」と感心していた。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】声優と夜あそび【金:関智一×三ツ矢雄二×井上和彦】 #30 ▶11/5(月)22:00~ 声優と夜あそび【月:緒方恵美×内田彩】 #31 Codaがゲストに登場! ▶11/6(火)22:00~ 声優と夜あそび【火:小野友樹×大坪由佳】 #31

▶11/7(水)22:00~ 声優と夜あそび【水:五十嵐裕美×三上枝織】 #31 ▶11/8(木)22:00~ 声優と夜あそび【木:浪川大輔×谷山紀章】 #31

▶11/9(金)22:00~ 声優と夜あそび【金:関智一×木村昴】 #31

あなたにおすすめ