スケートボード・パーク世界選手権で四十住、中村がワンツーフィニッシュ!!ストリートリーグ覇者の堀米雄斗も参戦




Instagramより@worldskatesb

スケートボード・パーク世界選手権で四十住、中村がワンツーフィニッシュ!!ストリートリーグ覇者の堀米雄斗も参戦



Instagramより@worldskatesb

中国・南京にてWorld Skateが主催する初のスケートボード・パーク世界選手権女子決勝が11月1日に行われ、四十住さくら選手が見事優勝!

中村貴咲選手は準優勝を果たし、女子は日本人選手がワンツーフィニッシュを飾った。 5位に岡本 碧優(おかもと みすぐ)選手、7位に今大会最年少出場の10歳、開 心那(ひらき ここな)選手が入り、日本人選手の層の厚さを世界に見せた。

男子決勝は3日に行われ、本来ストリート種目で活躍する堀米雄斗選手が見事決勝に残り、6位という結果になった。

今大会のメダル獲得数を国別に見ると…

日本・金1個、銀1個

ブラジル・金1個

アメリカ・銀1個

オーストラリア・銅2個

となり総合的にも日本の活躍が目立つ結果に!

堀米選手はストリートと同じセッティング!?

   View this post on Instagram
パークスタイル世界戦初参戦で6位、 片腕はグラブできない程怪我した状態で頑張りました。 ストリートと変わらないセッテイング、 8インチ&VENTURE5.25 LO &SPITFIRE51ミリ&Andale ABEC7での参戦。 @yutohorigome @venturetrucks @spitfirewheels @andalebearings #advanceskate

Advanceskateさん(@advanceskate)がシェアした投稿 -



Instagramより@advanceskate

ADVANCE SKATEのインスタグラムによると、堀米雄斗選手の今大会のセッティングは8インチのデッキにウィールの大きさは51ミリで、ストリート種目と変わらないセッティングとのこと。

スピードが大事となるパーク種目では、ウィールは大きめのサイズに変えるのかと思いきや、51ミリのままという点に驚き!

元々バーチカルで育った堀米選手にとってはR面を使ってスピードを出す事にウィールの大きさは関係ないのかもしれませんね!

女子リザルト



Instagramより@worldskatesb

1. 四十住 さくら(日本) -59.00

2. 中村 貴咲(日本) -52.04

3. Poppy Starr Olsen (AUS) -50.88

4. Jordyn Barratt (USA) -49.00

5. 岡本 碧優(日本) -48.84

6. Bryce Wettstein (USA) -45.11

7. 開 心那(日本) -43.17

8. Isadora Pacheco (BRA) -42.87

男子リザルト



Instagramより@worldskatesb

1. Pedro Barros (BRA) -86.71

2. Heimana Reynolds (USA) -84

3. Keegan Palmer (AUS) -81

4. Jaime Mateu (ESP) -80

5. Vincent Matheron (FRA) -79.5

6. 堀米 雄斗(日本) -79.08

7. Murilo Peres (BRA) -77.67

8. Ben Hatchell (USA) -75.02

THE DAY No.27 2018 Autumn & Winter Issue (2018年10月12日発売)
Fujisan.co.jpより
筆者・小嶋 勝美 スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。 約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

あなたにおすすめ