「ポッター平井の激推しアイドル!番外編」 NGT48・チームG「逆上がり」NMB48劇場出張公演レポート

Walkerplus

2018/11/5 19:22

新潟県を拠点に活動中のNGT48・チームGの出張公演が10月13日の昼夜、NMB48劇場で開催されました。ここでは夜公演の模様をレポートします!

今年4月の組閣で新設され、7月に行われた劇場公演初日、キャプテンに本間日陽、副キャプテンに山口真帆が就任したことが発表されたチームGが大阪初上陸!

演目は寸劇でスタートする「逆上がり」公演。「日陽(ひなた)って、名前が大阪っぽいよねー」、「大阪の人って、ホンマ(本間)って言うから」、「本間ってホンマでっかー?」と、関西弁でのキャプテンいじりが炸裂。更に「大阪人は擬音で道案内できんねん」などと、大阪あるあるを繰り出し、冒頭から爆笑の渦に。そして、本間がオチで「今日はこれくらいにしといたるわ!」と関西弁でセリフを言って、全員でコケるという予定だったものの、「今日はこれくらいにしといてやる!」と、標準語で言ってしまったため(※公演の最後に発覚)、他のメンバーたちは「台本と違うことを言わないで下さい!」と困惑。「せーの!」と掛け声を入れてからコケるというハプニングで幕を開けました。

全員で4曲を披露した後、自己紹介。それぞれが意気込みも語ります。

日下部愛菜「最初の寸劇でグダってしまいましたが(笑)、ここからは最強の公演をお届け出来るように、みんなで頑張りたいと思います!」

清司麗菜「私のパフォーマンスを観て、握手会に来てもらえるように、新潟に来てもらえるように頑張ります!」

山口真帆「昨日、(出身地の)青森で仕事をしていて、今日の影アナでも青森弁が残っちゃっていたんですけど、一生懸命頑張ります!」

長谷川玲奈「私、前髪がないので、汗が直にかかるんです。今日は、すっぴんレベルになるぐらい、汗をかきたいと思います!」

小熊倫実「チームGの公演にまた来たいって思ってもらえるように、全力で頑張ります!」

菅原りこ「今日は特別な日なので、特別なハーフツインにしました!このハーフツインを振り乱して魅了したいと思います!」

中井りか「私、たこ焼きが食べたくて、その圧を感じたのか、レーベルの方が買って来て下さったんですけど、食べ過ぎて、このへん(喉元)まで、たこが来てます。」

藤崎未夢「私にとって初めての1日2回公演なので、夜ももっといっぱい頑張ります!」

奈良未遥「私も真帆ちゃんと青森でお仕事だったんですけど、訛りが抜けないです。今日は、けっぱる(=頑張る)んで、みんな応援してけー!」

中村歩加「私の笑顔でたくさんの人を救いたいと思うので、たくさんコールして下さい!」

村雲颯香「昼公演では皆さんをお好み焼きとして食べ尽くしたんですけど、夜公演では串カツだと思って食べ尽くしたいと思います!お店では二度漬け禁止ですが、NGT48にどっぷり漬かって下さい!」

本間日陽「寸劇の件は土下座して謝ります(→土下座)。挽回できるように、汗の量は誰にも負けずに頑張ります!」

山田野絵「さっき中井も言っていたんですけど、たこ焼きをたくさん食べまして、私もここ(口の外)まで来てる(→他のメンバーら「もう出てるじゃん!」)。(本間を見て)この反省の塊(→本間「名前で呼んで!」)よりも汗をかいて頑張ります!」

安藤千伽奈「自分で前髪を切ったら失敗しまして(笑)、恥ずかしいんですけど、その恥ずかしさを捨てて、皆さんの記憶をいい方に持っていけたらと思います!」→本間「私もいい方に持っていけたらと思います!」→山田「もう取り返しはつきません!」(→会場爆笑)

ユニットコーナーでは曲によってキュートに、クールに、セクシーにパフォーマンス。本間はソロで『虫のバラード』を熱唱し、いい方に持っていくことに成功!名誉を挽回しました。

続いてのMCでは、NMB48メンバーとの交友関係についてトーク。

中村歩加「SHOWROOM選抜のメンバーで撮影をしていた時、人見知りなので、一人でゲームしていたんです。そんな私に西澤瑠莉奈さんが話しかけてくれて、好きな漫画が一緒だって盛り上がったんですけど、それっきりなんです。連絡先も交換していなくて…。」

清司麗菜「6期生のメンバーに私の友達の友達がいて、小林莉奈ちゃんなんですけど、この前、握手会の時に話しかけに行きました。これから仲良くなりたいです。」

村雲颯香「私はNGT48に入る前から、久代梨奈さんが好きで、(口元に)ホクロがあるじゃないですか。ブログとかに出てくる顔文字にホクロが付いているんです。それを使いたくて、私のスマホに<ホクロ>って打ったら、その顔文字が出てきます。」

その後、フラッグを持ってのパフォーマンスが印象的な『海を渡れ!』など3曲を披露。

15秒間動きだけで自己アピールをするというムチャぶり的なコーナーで、いろいろあった中井りかが自虐ネタで会場を沸かせると、大阪の通天閣はビッグな存在ということで、「このメンバーはビッグだなぁと思ったこと」というテーマトークへ。「おぎゆかが着ている服をかわいいって言ったら、あげようか?って言うんです。ビッグマネー!?(→会場爆笑)それに甘えて、もらおうかなって思っています(笑)」と、清司麗菜が荻野由佳の太っ腹なエピソードを話しました。

そして本間が「今日来て下さった皆さんに感謝の気持ちを込めて、私は反省の気持ちも込めて、精一杯歌いたいと思います。」と、アドリブ入りのコメントで曲ふりをして、『ファンレター』を歌い上げ、本編が終了。

アンコールでは、新曲『世界の人へ』や、『Maxとき315号』も披露。

山口「感想を聞いていきたいと思うんですけど、今日の反省の塊(→会場爆笑)、寸劇で何があったのか、理解していない方も多いと思うので、自分で説明して下さい。」

本間「この度は、大阪弁でしっかり締めるはずだったんですけど、標準語で言ってしまいました(→会場爆笑)。本当にごめんなさい!」

と、副キャプテンのファインプレーで観客のモヤモヤも晴れ、最後は『To be continued』で締め括り、チームGの出張公演は幕を閉じました。

公演にハプニングは付き物。それを「反省の塊」というワードで笑いに昇華し、公演を盛り上げた彼女たちは、観客を楽しませたいという「エンターテインメント精神の塊」でした。

●NGT48チームG「逆上がり」公演セットリスト(18/10/13夜公演@NMB48劇場)

Overture→寸劇

M1  掌

M2  逆上がり

M3  否定のレクイエム

M4  その汗は嘘をつかない

~MC(自己紹介)

M5  エンドロール(小熊・日下部・清司・長谷川)

M6  わがままな流れ星(菅原・藤崎)

M7  愛の色(中村・村雲・山田・安藤)

M8  抱きしめられたら(中井・奈良・山口)

M9  虫のバラード(本間)

~MC

M10 フリしてマネして

M11 海を渡れ!

M12 街角のパーティー

~MC

M13 ファンレター

アンコール

M14 不義理

M15 ハンパなイケメン

~MC

M16 世界の人へ

M17 Maxとき315号

~MC

M18 To be continued.

<ポッター平井・プロフィール>

構成作家・ライター。MBSラジオ『NMB48のTEPPENラジオ』などを担当。松田聖子さんの“輝き”に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続けるアイドルサポーター。(関西ウォーカー・ポッター平井)

https://news.walkerplus.com/article/168193/

あなたにおすすめ