雨少ない関東 でも6日も傘が必要

日直予報士

2018/11/5 18:38

ここ1か月、降水量が少ない関東地方。6日の関東地方は雨の量は多くないものの、すっきりしない天気が続きそうです。午前中、雨が降っていなくてもお出かけには念のため傘をお持ちになったほうが良いでしょう。

●5日 都心ではパラパラ

5日の関東は南部を中心に雨雲がかかりやすく、千葉県勝浦市では未明に1時間に20.0ミリの強い雨が降りました。日中は各地で日差しが出たものの、雲が多い一日でした。都心ではパラパラとした雨は降りましたが、多くて明け方に1時間に1.5ミリの雨が降ったくらいでした。

●10月は平年の3割しか雨が降らず

実はここ1か月、降水量が少ない関東地方。9月は台風などの影響でまとまった雨が多く、都心では平年のおよそ1.7倍もの雨が降りました。しかし、10月は一転して少なく、1か月の降水量は61.5ミリと平年の約3割程度の雨しか降りませんでした。ここ10日間(10月26日~11月4日)の降水量も合計ではわずか12.0ミリと、平年より大幅に少なくなっています。

●6日 お出かけには念のため雨具を

6日の関東地方もすっきりしない天気となりそうです。一日曇り空で、北部は午前中から雨の降る所もありますが、南部は午後が中心となりそうです。局地的にざっと強まることはありそうですが、一日降り続くことや、まとまった雨になることはなさそうです。都心も午後を中心にぱらぱらと雨が降り、すっきりしない天気が続きそうです。ただ、通勤通学の際に雨が降っていなくても、お出かけの際は念のため傘をお持ちください。朝の最低気温は5日と同じくらいで、冷え込む所はほとんどなさそうです。最高気温はきょうより低く、北部では20度に届かない所がほとんどでしょう。

あなたにおすすめ