世界中で多くのファンを魅了する、ボージョレ・ヌーヴォ。2018年度も期待できる逸品揃い

IGNITE

2018/11/5 18:00


世界中で多くのファンを魅了する、ボージョレ・ヌーヴォ。2018年度も期待できる逸品揃いだ。



アサヒビールでは、2018年産のフランスの新酒ワイン「ボージョレ・ヌーヴォ」を、11月15日(木)より全国で発売開始。本年で創業130年を迎える「アンリ・フェッシ」のヌーヴォ14アイテムを取り扱う。

■アンリ・フェッシ社
アンリ・フェッシは創業以来一貫してボージョレ地方に根差し、特に優れたクリュ・デュ・ボージョレに認定される10の村の内9つに自社畑を所有。

2015年以来、3年連続でボージョレ・ヌーヴォのコンクール「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォ」で最高金賞・金賞を受賞するなど評価が高い。

■2018年の新アイテム(プレミアムレンジ)
・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ「マリオン」2018(750ml)
日本だけの6,000本限定発売商品。アンリ・フェッシの自社畑で収穫したぶどうから生まれたエレガントな味わいのワインだ。ギフトボックス入り。

■スタンダードレンジ
・ボージョレ・ヌーヴォ2018(750ml・375ml)
・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018(750ml・375ml)
・ボージョレ・ヌーヴォ ロゼ・ローズラベル2018(750ml)
・マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018(750ml・375ml)

いずれもフレッシュでフルーティ、香り高く果実味となめらかな口当たりが感じられるヌーヴォだ。

本年は、近年人気が高まっている「ロゼ」のラベルをローズラベルとして、より華やかで写真映えするデザインを採用。

・アルデッシュ・シャルドネ・ヌーヴォ 2018(750ml)
アルデッシュ地方で造られた白ワインの新酒。「ルイ・ラトゥール・アルデッシュ・シャルドネ」と同じエリアのぶどうを使用している。(フランスのワイン法では「ボージョレ・ヌーヴォ」には該当しない)

・ルージュバブルス・ヌーヴォ2018(750ml)
赤のスパークリング。アルコール度数は8%と通常のワインより低めで、やや甘口のスッキリとした味わいが特長だ。(フランスのワイン法では「ボージョレ・ヌーヴォ」には該当しない)

■プレミアムレンジ
・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2018(750ml)
樹齢50年以上の古木から摘まれた厳選された完熟ぶどうを使用している。濃厚で複雑味を帯び、力強さと上品さを兼ね備えた逸品。

・シャトー・デ・レイシエール・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018(750ml)
「クリュ・デュ・ボージョレ」の1つである、レニエ村にあるシャトーの上質なぶどうのみを使用。深く濃い紫色で、ブラックベリーやカシスのような凝縮されたリッチな果実味が特長だ。

・オマージュ・ア・アンリ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ2018
創業者アンリ・フェッシへの畏敬の念をあらわして造られたワイン。樹齢平均80年の古木(一部100年)で収穫されたぶどうを厳選して使用した。3,000本限定でギフトボックス入り。

■飲食店限定商品
・ボージョレ・ヌーヴォ「ベレール」2018(750ml)
・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ「ベレール」2018(750ml)

「アンリ・フェッシ」のヌーヴォは、フランスのブラッスリー(洋風居酒屋)やイギリスのレストランでも人気が高い。現地のレストランでボージョレを楽しむような雰囲気を味わことができる。

他のワインとは違う、格別な味わいのボージョレ・ヌーヴォ。ワイン通ならずとも、味わっておく価値ありだ。

(haruyama)

あなたにおすすめ