山本耕史が語る“石田三成像”、不器用なところが「魅力の1つ」

TOKYO FM+

2018/11/5 17:30

堀内貴之がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。11月5日(月)の放送では、東京の土地に紐づく歴史を紹介するコーナー「トウキョウハナコマチ」で、11月3日(土・祝)におこなわれた公開収録の様子をオンエア。ゲストに俳優の山本耕史さん、歴史学者の河合敦さん、三日月大造滋賀県知事を迎えてお届けしました。


山本耕史さん

東京・日本橋にある滋賀県情報発信拠点(アンテナショップ)「ここ滋賀」で、開館1周年を記念したイベント「ここ滋賀 1st ANNIVERSARY –大感謝祭–」が開催されました。同館と番組コーナーがコラボレーションした公開収録イベントのゲストには、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で滋賀県出身の武将・石田三成を演じた俳優の山本耕史さん、歴史家の河合敦さん、三日月大造滋賀県知事が登場。滋賀の魅力についてトークを繰り広げました。
本記事では、山本さんと三日月知事によるトークコーナーの内容を紹介。「真田丸」撮影当時のエピソード、石田三成を演じて感じたことについて語りました。


左からパーソナリティの堀内貴之、三日月大造滋賀県知事、山本耕史さん、河合敦さん

◆石田三成は真面目で忠実、でも誤解を受けやすい…?

山本:(「真田丸」での)石田三成公は、描かれ方としては器用なタイプではなかったと思うんですよね。もう少し融通をきかせて動けば、人がついてきたんじゃないかなというところもあったんですけど。みんなで台本を持ち寄って「あぁ~、三成やっちゃったね」みたいな(笑)。鈴木京香さんとかも「残念! もう少し気を遣ってくれれば私たちも……」って。台本を読んでて悲しくなるんです、誰もついてこなくて。でも、どこか可愛らしくもある。今だったら、もう少しうまく生きられる時代なのに、とは思いますが。そんな(不器用な)ところも三成公の1つの魅力になっているのかな、と思います。

三日月:だと思いますね。器用であり不器用であった。おそらく、いろんな気遣いをされたんでしょうけども、加藤清正(豊臣家家臣)をはじめとする武闘派からは疎まれてしまった。いろんな気遣いをしたのに繋がらなかったんですね。

山本:でも、秀吉公にとっては本当に右腕だったと思います。自分で“全部悪者”を引き受けて、いろんな算段をしていた方ですから。時代が変わるときに、自分が時代を巻きこんでしまった。そんな滅びの美学のようなものも、今となっては美しい散り際だったのかもしれませんね。

◆石田三成役を、悔いなく気持ちよく駆け抜けた

山本:三谷幸喜さんがすごく丁寧に(脚本を)描いてくれたということもあるんですけど、関ヶ原(の戦い)を描かなかったので、斬新ではあったんです。ですが、“人間”を描くという意味では丁寧に描かれていたので、悔いなく気持ちよく駆け抜けて、生き抜いたという感じでした。思い残すことはないというか。そういう気持ちで最後のシーンは演じました。

◆役作りのために訪れた滋賀で感じた“三成の人間味”

三日月:三成公の人間味あふれる部分を山本さんが演じてくれたのが印象的でした。

山本:ありがとうございます。ゆかりの場所をいろいろとまわらせていただいて、客人の部屋は豪華絢爛で、自分の部屋のほうはものすごく質素で地味なのを見て。(相手を配慮する)三成公の人間味を初めて感じるということもありました。

三日月:有名な“三献の茶”のエピソードも、そういった人間味の部分から出たのかもしれませんね。山本さんには滋賀に来ていただき、三成公の供養にまでご参加いただきました。(三成公が)どういう育ちをされてきたんだろうか……という軌跡を辿ったうえで演じていただいた。すごいなと思うと同時にとても嬉しく思っています。

山本:今でも多くの人に愛されている方ですし、その土地に行くと、そのことを実感することができるんです。“今でも愛し続けている方がいるんだ”と思うことで、自分自身も役に対する愛着が湧いてくるというか。そういった意味でも、僕にとって、とても貴重な体験でした。

この公開収録の模様は、11月5日(月)~8(木)までの4日間、TOKYO FMの番組「シンクロのシティ」内のコーナー「トウキョウハナコマチ」で放送されます。6日(火)の放送は、前日に引き続き山本耕史さんが登場。7日(水)、8日(木)の2日間は、歴史家の河合敦さんと三日月滋賀県知事による「近江商人と日本橋」をテーマにした内容をお送りします。どうぞお楽しみに!

滋賀県の情報発信拠点「ここ滋賀」の詳細はオフィシャルサイトをご確認ください!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年11月13日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時 :毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

あなたにおすすめ