【夫婦】ケンカ後の気まずさを解消!仲直りをもっと盛り上げる演出5つ

ウレぴあ総研

2018/11/5 17:32

夫とのケンカは、仲直りができた後でもやはりちょっと気まずいもの。ぎくしゃくしてしまったり、いつも通りに振る舞えないことってないですか?

仲直り後の居心地の悪さは決して悪いことではなく、心がぶつかってしまったことの疲れであったり解決できたことへの安心でもあったり、それは夫も同じのはずです。

そんなときは、ふたりの間の空気を変えるちょっとした演出を考えてみましょう。妻からの提案があれば、夫もスムーズに乗ってくることができます。

■【仲直りを盛り上げる演出 1】ふたりでお出かけデートをする

すぐできる気分転換のひとつに、見る景色を変えることがあります。

家の中でずっと過ごしていると、言い合いをしていたシーンなどを思い出して息苦しく感じることがありませんか?

美味しいお店で外食してみたりドライブで気持ちの良い風を感じたり、家(喧嘩した場所)から離れてみると、話題が変わるので気持ちを切り替えやすくなります。

夫を誘うときは、新しいところより「久しぶりにあのお店に行きたいな」とふたりの思い入れがあるお店を提案すると、夫の心もリラックスできるでしょう。

また、お出かけデートなら映画もオススメです。ふたりで作品の世界に没頭して、終わったあとは食事をしながら感想を言い合うのも話題がふたりから離れるので会話がしやすくなります。

■【仲直りを盛り上げる演出 2】夫にプレゼントを贈る

たとえば、欲しがっていた服であったり本であったり、夫の好きなものをプレゼントするのも、気分を和ませる良い方法です。

「何だか機嫌をとるみたいでイヤ」と感じるかもしれませんが、目的はふたりの間の空気を変えること。

ケンカした後の中途半端な空気であっても、自分を思い出してくれたことを夫は感謝します。「ちょうど安かったから」など、あくまでも気軽な感じで渡すことができると夫も受け取りやすいですね。

プレゼントが苦手なら、ふたりが好きなケーキを買ってきて一緒に食べたり、コーヒーが好きならいつもは買わないようなブランドの豆を楽しだりするのも手。

生活に「新しいアイテム」を取り入れることで、ふたりの気持ちを切り替える手助けになります。

■【仲直りを盛り上げる演出 3】テーブルに花を飾る

花なんて、家の中にあっても関心を示さない夫も多いかもしれません。ですが、目にすると華やかな気持ちにさせてくれる花の存在感は、ふたりの間にある気まずさを解消することに一役買ってくれます。

ケンカ中はイヤな空気が漂っていた食卓に、鮮やかな色のガーベラや清潔感のあるかすみ草やポンポンマムなどがあると、それだけで意識が変わるものです。普段は花なんて飾らないから、なんて家こそ、テーブルの景色を変えてみましょう。

食卓に置くなら、香りのきつい百合やバラなどは避けること。倒すことが気になるときは、ガラスの小鉢にマーガレットやミニバラなどを飾ってみるのも良いですね。

同じ花でも、プリザーブドフラワーなどは水をあげなくても枯れる心配がなく手軽ですが、できれば生花のほうが瑞々しさを楽しめます。

■【仲直りを盛り上げる演出 4】夫の好物だらけのご飯を作る

ふたりが顔を合わせる習慣として外せないのが、食卓ですね。

さきほどの花を飾る演出に続けて、今度は料理を夫の好物だらけにしてみましょう。避けづらい食事の時間ほど、工夫すれば仲直り後の気まずさを一掃できます。

メインを決めたら、副菜もすべて夫の好物に。たとえば、ハンバーグが好きな夫なら一緒に食べたがるポテトサラダやサラダ、スープなどを夫好みにアレンジします。

好きなものを妻が作ってくれて、嫌な気持ちになる夫はいません。食が満たされると幸せな気持ちになりますよね。自分のために作ってくれたんだ、と思えば夫の心も和みます。

「たまにはワインでも開けよか」なんて、特別な“ひとつ”を出してみるのも良いでしょう。

気持ちを切り替えるなら、一緒に過ごす時間を普段と違うものにする演出がふたりの会話も助けてくれます。

■【仲直りを盛り上げる演出 5】寝室を模様替えする

仲直りしたら、もっとラブラブに過ごしたいのが寝室です。

いつも同じベッドで寝ていると、仲直りの後こそ隣で横になるのに緊張してしまう、なんてことがありますが、そんなときには寝室の模様替えが有効です。

模様替えといっても大げさなことをする必要はなく、シーツを新品のものにしたり枕カバーを変えてみたり、少しの変化でも目にすればそちらに意識が向きますよね。

身近なものを新しくすると、ケンカしていた間の記憶が薄れていきます。「この枕カバー、パイル地ですごく寝心地がいいよ」のような他愛もない会話ができるだけでも、ふたりの空気を柔らかいものにできるのでオススメです。

性的な雰囲気に持ち込むことばかりが仲直りを助けてくれるとは限りません。一緒に眠る時間、一日で一番リラックスできるときこそ、穏やかな空気に包まれて休むこともふたりの愛情を助けます。

次の日の朝、気持ちよく目覚めることができる。仲直りの後はそんなベッドでありたいですね。



ケンカ後の気まずさは、同じ家で暮らしていればどうしても避けられません。ですが、感情がぶつかりあう機会はお互いの本音を相手に伝え、さらに絆を深めるきっかけにもなります。

しこりを残さずこれからも仲良く暮らしていくために、仲直りができた後はちょっとした演出でふたりの気持ちを盛り上げてみましょう。

自分を尊重してくれている、という姿勢が夫の愛情をさらに強いものにします。

あなたにおすすめ