小芝風花・倉科カナが“特撮オタク”に「特撮が教えてくれる友情や愛に感動」

dwango.jp news

2018/11/5 17:06


女優の小芝風花が主演を務める、2019年1月放送開始のドラマ10「トクサツガガガ」。小芝風花演じる特撮オタクで商社勤めの主人公の仲村叶(かの)が、特撮オタクであることを周囲に隠し、日常生活で直面する悩みに葛藤しつつも前向きに奮闘するコメディードラマだ。

本日NHK名古屋放送局で取材が行われ、キャストの小芝風花 、倉科カナ、木南晴夏、本田剛文(BOYS AND MEN)、武田玲奈 、内山命(SKE48)が出席した。

小芝風花 (主人公・仲村叶 役)
連続ドラマの主演は初めてなので、緊張や不安がありましたが、共演者の皆さんやスタッフの皆さんに支えられて、順調に撮影を進められています。このドラマは、特撮好きな人はもちろん、何かに熱中していたり、これが好きだ!と思えるものがある人は特に楽しんでいただけると思います。近頃では、自分のことをオープンにできる人も多くなってきていると思いますが、仲村叶のように周りの目を気にして、秘密にしていることがあるという人もたくさんいると思うので、共感しながら見ていただけたらうれしいです!

倉科カナ (吉田久美 役)
吉田さんを演じるにあたって、2年分の特撮やヒーローシリーズを見て特撮の面白さに触れていっています。私は特撮を見て育った世代ですが、大人になって改めて見たことで、カッコよさや、特撮が教えてくれる友情や愛などに感動しています。自分自身が感じたこの熱い思いも吉田久美に乗せて、演じていきたいと思います!

木南晴夏 (北代優子 役)
北代さんは、はじめは周りの人に対して厳しく、後から仲村さんたちの戦隊もののチームに新メンバーとして加入するという役なのですが、まだトゲトゲしたシーンしか撮っていなくて、現場では何となく怖がられているような、気を使っていただいているような気がしています(笑)。これから、チームのメンバーに加入して、柔らかい雰囲気で撮影をしていけるのを楽しみにしています。

本田剛文・BOYS AND MEN (小野田隆 役)
私、本田もヒーローものが好きなので、台本読みや撮影の中で、“ヒーロー好きあるある”が五臓六腑にしみわたる感じがしています(笑)。何かに熱中している人の熱い思いや、裏に抱えている悩みをのぞき見て楽しんでいただけると思います! 撮影現場は本当に明るく楽しい雰囲気ですので、それが伝わればいいなと思っています。

武田玲奈 (白濱幸 役)
私自身はアニメ好きのオタクで、オタクであることをオープンにしているのですが、撮影中は、特撮オタクであることをオープンにできない仲村さんはかわいそうだなぁ(笑)とか、オタクとしてすごく共感できるところもあるなぁと思いながら楽しく撮影しています。

内山命・SKE48 (白石マイ 役)
ドラマの出演が初めてで、撮影中よくわからない用語に戸惑ったりしています(笑)。ドラマ撮影での独特の用語も覚えていきながら、リア充感あふれる“こういうOLいるだろうなぁ”と思われるような白石マイを演じたいと思います!

吉永 証 チーフ・プロデューサー (NHK名古屋放送局 制作部)
撮影は 9 月下旬から全て名古屋市近郊で進めています。このドラマの主人公・仲村叶は、特撮オタクであることを周囲に隠しています。そんな中、日常生活のトラブルなどに直面した時に、彼女の頭の中に「特撮ヒーロー」が妄想として現れて、そのトラブルなどを一緒に解決していく姿を描くとても楽しいドラマです。

主人公には“人には言えない気持ち”がたくさんあって、それを“心の声”として演出するので、小芝さんにはそれと格闘しながらとてもコミカルに演じていただいております。そして、主人公とオタク仲間になっていく面々や、オタクであることを知らない同僚たちを、とても若い出演者の皆さんが演じてくださって、撮影現場の雰囲気は明るく楽しく、ときには緊迫したシーンなどを積み重ねて順調に撮影が進んでいます。

あなたにおすすめ