ダチョウ倶楽部が激白! 初ライブはミスチル、スピッツも巣立った“アノ舞台”だった

AbemaTIMES

2018/11/5 17:00


 11月3日(土)、22時からAbemaTVで放送された「CONNECT! 芸人たちのドライブバラエティ」にお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部が出演。結成33年目を迎えた今、「チームワークと絆」が弱まってきていると現状を危惧するリーダー・肥後の提案を受け、初心と絆を取り戻すドライブに出かけることになった。

 メンバーが集合場所に選んだのは、35年前にメンバーが初めて顔を合わせたという新宿の喫茶店「タイムス」。当時の様子を懐かしんだ一同は、初めてお笑いライブを行った渋谷のライブスタジオ「La.mama」を次の目的地に設定した。

 しかし、当時の記憶が曖昧なことに加え、現在も営業しているかさえ不明だという3人。そのとき肥後が、車に向かっておもむろに話し掛けた。

「渋谷のライブハウスLa.mamaはまだ営業していますか?」

 思わぬ肥後の行動に虚をつかれた二人だったが、今回の旅のお供であるトヨタ最新のCONNECTED CAR(コネクティッドカー)である新型クラウンにはオペレーターサービスが搭載されていることを知らされると、芸能界随一のこだわりマニアである寺門ジモンが即座に「好きになりそう。秘書が一人いるようなものだ」と感嘆の声をあげた。

 オペレーターによる自動の目的地設定によって無事、La.mamaに到着した3人。じつはその場所は、爆笑問題やウッチャンナンチャンなどのお笑い芸人だけではなく、ミスチルやスピッツなどの著名ミュージシャンも数多く巣立った由緒あるライブスタジオだった。

ライブを披露した後は、腹ごしらえ。当時、その近くにあるストリップ劇場「道頓堀劇場」で付き人をしていたという肥後は、その地を訪れるなり他番組に倣って「ここが僕のアナザースカイ」と笑いを取った。

 満腹になり、気分を良くした3人が再び車に乗り込むと、リーダーが「どうしてもやりたいこと」と言ってオペレーターにまさかの無理難題を突き付ける。一同が呆気にとられる中、注目を集めるオペレーターの答えは? 芸人の無茶ぶりに出した答えは?

(C)AbemaTV

▶ダチョウ倶楽部、33年の軌跡が明らかに「CONNECT!芸人たちのドライブバラエティ」

あなたにおすすめ