ダウンタウン登場&コブクロのストリートライブで話題 「御堂筋ランウェイ」になんと40万人集まった! 

Walkerplus

2018/11/5 16:40

御堂筋で11月4日(日)、大阪の魅力を国内外にアピールする一大イベント「御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ」が開かれた。

当日は昨年に続き、大阪万博誘致アンバサダーのダウンタウンが登場。大阪のストリートライブから生まれた「コブクロ」のスペシャルストリートライブも行われ、約40万人(主催者発表)が来場した。司会は今田耕司さん、宇都宮まきさんが務めた。

ダウンタウンは、フロートに乗って来場客に向けて手を振って登場。松井一郎大阪府知事が「歩くんやったらけぇへんと言われた」と言った瞬間、昨年に続いて浜田雅功さんから頭を叩かれる一幕もあった。万博開催地が11月23日に決定することに、松本人志さんは「浜田が問題さえ起こさなければ」などと笑いを誘った。浜田さんの父が、70年の大阪万博にてソ連館の壁のペンキを塗ったことに触れ、松井知事は「万博開催が大阪に決定したら、今回は浜田さんにパビリオンのペンキを塗っていただこう、と思っています」と提案し、浜田さんは大笑いしていた。

「コブクロ」のライブは、小渕健太郎さんが「まさにここでのストリートライブは、僕らの夢です。当時は戎橋の近くや天王寺の地べたで歌わせていただいていました。でも今日はこのステージで、同じ大阪の空の下で歌えるのを誇りに思います。皆さんもそれぞれの場所で楽しんでください」とあいさつ。メインステージで「YELL~エール~」「君という名の翼」「風を見つめて」「晴々」、フロートに乗車して「風をみつめて」「轍-わだち-」の計6曲を熱唱した。

この日はほか、大谷亮平さん、森星さん、千鳥がファッションショーに登場。OSK日本歌劇団、梅花女子大学チアリーディング部レイダース、今宮高校&久米田高校ダンス部のよるパフォーマンスなども展開した。

※関西ウォーカーWEB(https://kansai.walkerplus.com/)では動画レポートも掲載しています。(関西ウォーカー・新城重登)

https://news.walkerplus.com/article/168202/

あなたにおすすめ