上戸彩、ドキドキTikTokデビュー「変な映像を投稿しないように…」


女優の上戸彩が5日、都内で行われたショートムービーアプリ「TikTok」新CM発表会に出席し、CM撮影エピソードを語ったほか、初のTikTok撮影に挑戦した。

上戸は、同事務所の後輩にあたる女優・小芝風花と新CM「グランピング」編に出演。グランピング場での悪天候に落ち込んでいた2人は、一緒にTikTok撮影を始めるといつのまにか憂鬱な気持ちが晴れていくというストーリーだ。

現場にはグランピングのセットが組まれ、少人数撮影で2人がリラックスして楽しむ様子を捉えた。上戸は「小芝風花ちゃんがめっちゃかわいい」と絶賛し、お気に入りの場面を「小芝風花ちゃんがベッドの上で踊っているシーンがすごく好きです。めっちゃかわいかったです」とうれしそうに話す。

出演が決まってからアプリをダウンロードし、今のところは見る専門だという上戸。「撮影の時からTikTokにハマってしまって。私の娘もハマっていて、『見せて見せて』って言うので取り合いです。撮りたいんですけど、私はこういう機械モノが苦手で、まだ家族は撮れてないので、早く使えるようになりたいです」とすっかりママになった表情を見せる。

また、最近の出来事で「記録に残しておきたい」と思ったのは、子供が無邪気に遊んでいる時。ところが、「やり方分かっちゃうとハマっちゃいそうですごく恐ろしい」と慎重なのは、「本当に苦手なんです。観るのは大好きなんですけど、そこから一歩踏み出すのはまだ小心者」と自覚しているからだという。

その後、人気TikTokerのSara、キアヌ、フリースタイルフットボールパフォーマンス集団「球舞-CUBE-」が登場。実際に撮影を体験し、TikTokerからも「プロになれます!」と墨付きを得た上戸は、「変な映像を投稿しないように気をつけます」と笑い誘い、「TikTokをやり慣れている友達と一緒に、プライベートな映像を撮れたらと思います」と意気込んでいた。

あなたにおすすめ