初めての双子育児では無口だった私。3人目育児で劇的変化が…!【ふたごむすめっこ×すえむすめっこ 第11話】

こんにちは。4歳の双子の女の子と、1歳の末っ子の3姉妹の母、田仲ぱんだです。

私は双子を生んだとき、初めての育児で、かつ二人の赤ちゃんを育てなければいけないという状況で、とにかく手が足りない状況だったものですから、育児を楽しむという余裕がありませんでした。



オムツ替えや着替え、授乳、寝かしつけ…すべてのことが赤ちゃんが二人いる分二倍なのです。

作業! これは流れ作業だ~!

そんな感じで双子育児をしていました。

忙しさに寝不足に、疲れに…と何も考える余裕がなく、機械的にモクモクとやっていたので、赤ちゃんに対する言葉かけがあまりなく、無言になっていました。

しかし、3人目の末っ子の子育ては…



何もかも経験があるから、すべてが懐かしい

上の子を育てながらなので大変は大変なのですが、赤ちゃんを育てることに関しては気持ち的に余裕がありました。

そのせいなのか、本当に言葉かけが多くなり、それどころか、娘の気持ちを勝手に妄想してアテレコしたり、最終的には娘をただ愛でる自作の歌を歌ってしまうほど…!

「二人目の育児は楽しい」「二人目はすごくかわいいよ」というのはよく言われる話ですが、

こんな風に育児に対する余裕ができて、お母さんがストレスなく子育てができるからなんでしょうね。

(田仲ぱんだ)

あなたにおすすめ