バターコーヒー専門店がプロテイン入りバンズを使用したバーガーを発売


バターコーヒー専門店「最強のバターコーヒー」池袋店は11月5日、数量限定で「プロテインブレッドバーガー」(税込1,814円)を発売した。

「最強のバターコーヒー」店舗で販売しているメニューは、すべてがグルテンフリーで、糖質量も一皿10g以下に抑えている。無農薬の野菜をベースに、化学的な添加物も一切使用していないメニューを取りそろえている。

今回発売する「プロテインブレッドバーガー」は、小麦も米粉も使用しないプロテイン入りのバンズを使用したハンバーガー。ほのかにバターの香りを感じるため、グルテン不使用にもかかわらず、パンのような食感が楽しめるという。

バンズとバンズの間には、しっかりとした噛(か)み応えで、肉本来の旨味を感じられるグラスフェッドビーフ(牧草のみを食べて育った牛の肉)のハンバーグをサンドした。グラスフェッドビーフは、通常の牛肉に比べオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているという。ハンバーグには、きのこ入りの甘辛い自家製照り焼きソースを絡めた。

通常のハンバーガーに比べ、糖質量は1/3以下の9.1gに抑えているが、たんぱく質は約2倍(40g)摂取できるという。野菜も多く使用しているため、食物繊維が一日の必要量(20g)の1/3以上摂(と)れるとのこと。

あなたにおすすめ