『大つけ麺博』10周年企画『ラーメン日本一決定戦』が終了 “大つけ麺博芸人”が選んだ今回美味しかった一杯はこれだ!

ガジェット通信

2018/11/5 11:00



全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。日本最大のラーメンイベントの一つである『大つけ麺博』。今年は記念すべき10周年ということで、『ラーメン日本一決定戦』と銘打って、ラーメン、つけ麺、まぜそばなどジャンルの垣根を越えて全国の名店が日本一を争った。最終日の10月31日に結果発表となり、松戸の“中華蕎麦 とみ田”が過去の決定戦も含め3連覇の偉業を成し遂げた。

そんな『大つけ麺博』を心から愛する芸人がいる。足繫く会場へ赴き、全店のラーメンを全て食べ尽くす。とにかくつけ博LOVEな芸人だ。そんな芸人たちを筆者は「大つけ麺博芸人」と名付けた。それを率いるのが、や団・中嶋亨ぶちかまし太郎の2人だ。この度、筆者のネット番組に2人をお呼びし、そのつけ博愛を語ってもらった。

彼らのことは大つけ麺博実行委員会でも前から秘かに話題になっていたが、一定の距離を置いて見ていたという。しかしこの度番組を見た実行委員会スタッフより、「面白かったから公認します!」というメッセージが。

晴れて実行委員会公認となった“大つけ麺博芸人”の二人に、今回心に残った一杯を紹介してもらった。

や団・中嶋亨の心に残った一杯

だし廊− DASHIRO −(仙台) 貝だし魚醤そば

「貝ペーストがとにかく美味しかった! ぜひ本店に行って食べたいと思います」

新旬屋 本店(山形) さくらんぼ鶏 金のつけ鶏中華

「以前から大好きな一杯がここの鶏中華。毎回食べてしまいます」

ぶちかまし太郎の心に残った一杯

麺屋 サマー太陽(宮古島) カオソーイ

「初めて食べて衝撃の味でした! ココナッツミルクとパクチーがたまりません。宮古島で一緒に釣りをしたいです」

第1陣から4陣までとにかくレベルが高く、胃と舌が忙しかったと語る2人。10年目にして過去最高の売り上げを上げた今回の『大つけ麺博』。11年目も大いに期待したい。

つけ博を全軒食い尽くす「大つけ麺博芸人」!や団・中嶋享くんとぶちかまし太郎くんゲストラーメンミュージシャン井手隊長の今3時?そうねだいたいねTVライブオンライン(YouTube)

https://youtu.be/EWd09kplHwY



―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ