木村佳乃、ドロドロの愛憎劇で「この泥棒猫!」に悩み

ザテレビジョン

2018/11/5 13:20

木村佳乃主演ドラマ「あなたには渡さない」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)の第1話試写・キャスト登壇イベントが行われ、主演の木村をはじめ水野美紀、田中哲司、萩原聖人が出席。ドラマの魅力や撮影中のエピソードなどを語った。

本ドラマは、料亭の御曹司で板長を務める旬平(萩原)と結婚して20年になる通子(木村)の前に突然、「愛人」と名乗る女・矢萩多衣(水野)が現れるところから始まるラブ・サスペンスストーリー。

出来たての第1話をそわそわしながら見たという木村は「植田尚監督から、いろいろな面を引き出していただいたと思っています」と感想を述べる。

また、水野は「ナレーションの方のインパクトがすごかった!」と振り返り、通子の幼なじみ・笠井役の田中に対し「(劇中で)『みっちゃーん!』って見つけたときの哲司さん、うれしそうだった(笑)。かわいかった!」と話せば、田中は思わず照れたようにはにかんだ。

一方、田中は「もちろんドロドロはしているのですが、意外と爽やかでさっぱりとした部分もある」と感想を漏らした。

第1話で妻に不倫と店の借金が発覚する旬平を演じる萩原は「『何言ってんだ!』ってことばっかり、旬平は言ってましたね」と自虐的に語り、会場は笑いに包まれる。

本ドラマは、物語冒頭から「ご主人をいただきにまいりました」という衝撃的なフレーズが放たれるが、それにちなんでイベントではキャスト4人が特に印象に残っているせりふをそれぞれ発表。

木村は「この泥棒猫!」を選び、「今まで口に出して言ったことがないので、どういうイントネーションなのか? から始まりました」とイントネーションに悩んだことを明るく話す。

水野は「ご主人をいただきにまいりました」と「ただの通りすがりの客です」の2つを選択し、特に「通りすがり―」については「西部劇みたいですよね。私の頭の中ではそのせりふの後に映画『キル・ビル』(2003年)の曲が流れ始めていました(笑)」と告白。

そのせりふを目の前で聞いていたという木村は「美紀さんがそのせりふを言うたび、必ずニヤッとするんですよ。それを聞くと絶対に吹き出しちゃう」と大笑いで振り返った。

また、水野については以前「奪い愛、冬」(2017年)でも数々の強烈なせりふを残した印象から、司会者に「心掛けていることは?」と話を振られ、「もう振り切って演じることですね」と力強くコメント。

さらに萩原から「照れたら負け?」と問われると「はい、とにかく思い切っていくことです!」と演じる秘訣(ひけつ)を明らかにした。

■ 本番寸前までほのぼのトークも

そんな中、木村は「物語はドロドロですが、現場は軽快で楽しいです」と撮影現場のエピソードを語りだす。

木村と水野は火花散るバチバチのバトルを繰り広げる寸前まで「今日の夕飯、何にする?」と家庭的なトークに花を咲かせているそう。

また、2018年6月に1児のパパになったばかりの田中も、育児の大先輩である二人に毎日いろいろなことを教わっているほど和やかな現場であるという。

主演の木村に対し、萩原は「佳乃ちゃんが現場にいると心がほっこりします」と絶賛し、水野は「こんなに憎みづらい人はいないんですよ! 天真らんまんで明るい。佳乃さんを憎むという感情が湧いてこないので、そこに苦しんでいます」と心中を語った。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168076/

あなたにおすすめ