王者レバンガ、Tatsuno渾身のパスで第2期初勝利を挙げる/RAGE Shadowverse PRO LEAGUE 2nd

AbemaTIMES

2018/11/5 12:17


 対戦型カードゲーム「Shadowverse(シャドウバース)」のプロリーグ、「RAGE Shadowverse PRO LEAGUE 2nd」第2節が11月4日に開催された。第1ラウンドでは前節で初参戦初勝利を挙げた横浜F・マリノスと、第1シーズン王者ながら初戦黒星を喫したレバンガ☆SAPPROが対戦。シーソーゲームの末にレバンガが勝利し、星を五分に戻した。横浜F・マリノスは開幕連勝とはいかなかった。

 第1試合の2Pick戦には横浜F・マリノスは前節で勝利を挙げたしーまんが引き続き登場。レバンガは前期優勝の原動力となった真春がチームの今期初勝利を賭けて立ちはだかった。

終始表情を崩さない真春に対し、しーまんは首をかしげるような体勢でしきりに身じろぎを繰り返す。勝負は序盤から真春がしーまんの攻撃を上手くあしらう展開。しーまんは徐々に手札を失って手詰まりとなり、真春が順当に押しきってまずはレバンガが幸先良く1-0と先行した。

このまま勝利を決めたかったレバンガだったが、横浜F・マリノスの2番手である水煮は、プロ初試合でありながら、さわさきを相手に一進一退の攻防を繰り返し、2-1で勝利。勝負は最終戦へともつれこんだ。

 第3試合には横浜F・マリノスがあぐのむを送り出す。レバンガはエルフをこよなく愛する「エルフ100%の男」Tatsunoが登場したが、今日の試合ではなんとエルフを外して参戦。こだわりを捨ててまで勝負に賭ける意気込みがうかがえた。

Tatsunoのプロリーグへの登場は前期12節以来3カ月ぶりとなったが、盤石の試合運びを見せて第1バトルを勝利。控室にいる仲間たちも一喜一憂せずにTatsunoの試合ぶりを見守っており、信頼度の高さが伺えた。

しかし第2バトルはあぐのむの猛攻がTatsunoを捉え、1-1のタイに。勝負の行方は最終バトルへとゆだねられた。

最終バトルは互いにじわじわと体力を削りあいながらの展開となったが、Tatsunoの盤面をあぐのむが処理をするという状況に。しかしすでに勝利を確定するだけの手札を確保していたTatsunoは、なんと最終盤に無防備な状態でのパスを選択。

一方的に攻撃を受けながらも耐えきったTatsunoは、一気にあぐのむを押しきりガッツポーズ。レバンガの2期初勝利をもぎ取った。

 渾身のパスで勝利を手繰り寄せたTatsunoは精根尽き果てた様子。それでもインタビューに応え「久々の試合ということもあって、緊張感がありました。(パスは)あれを通さないとこちらが持たないので、かなり怖かったですけど通しました」と、パスはギリギリの選択だったことを告白した。

次回第3節は11月11日に開催される。横浜F・マリノスはAXIZと新参チーム対決。レバンガ☆SAPPROは首位のauデトネーションと、名古屋OJAベビースターはよしもとLibalentと対戦する。

◆RAGE Shadowverse PRO LEAGUE リーグ戦セカンドシーズンは10月から12月まで開催される。セカンドシーズン1位のチームには400万円。2位のチームには200万円。3位のチームに100万円が授与される。セカンドシーズン1位のチームは3月に開催されるリーグチャンピオンシップを戦う権利が与えられ、ファーストシーズン1位のレバンガ☆SAPPOROと年間チャンピオンの座を争う。

【試合結果】

レバンガ☆SAPPORO 2-1 横浜F・マリノス

第1試合

○真春 1-0 しーまん●

第2試合

●さわさき 1-2 水煮○

第3試合

○Tatsuno 2-1 あぐのむ●

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】RAGE Shadowverse Pro League セカンドシーズン 第2節 ▶11/11(日)11:00~ RAGE Shadowverse Pro League セカンドシーズン 第3節

あなたにおすすめ