好きな人と将来を考えられる関係になるには?

愛カツ

2018/11/4 12:45


友達や会社の同僚など、周りが結婚しだすと「私も結婚しないと…!」と焦り出してしまう女性は多いはず。

そのため、彼氏ができると、否応でも相手との将来を考えるのでは?

結婚を焦る

でも、結婚は一生の問題ですし、そもそもお互いが結婚を考えられる関係にならなければ、気持ちだけが前に進んで行ってしまいそう。

今回は、好きな人との将来を考えられる関係になるために、付き合い時に意識したいことがないか、考えてみました。

■ 気楽に付き合う

結婚に焦っている女性にとっては、正反対の意識になってしまいそうですが。

でも、結婚するということは、ひとつ屋根の下で毎日暮らすことですよね。もっといえば生涯にわたって、寄り添っていく約束をするわけです。

そうした相手なので、一緒に居て気を遣ったり、遠慮してしまう相手では、毎日同じ屋根の下で暮らすのは大変そうですし、ましてや生涯にわたってなど、想像がつかないのでは。

よく結婚する人は、空気みたいな人がいいと言います。それだけ、なんでも言いたいことが言えて、気楽に付き合えるのって、大事なことなのでしょうね。

ですので、デートを重ねるうちに、お互いのことを知っていきながら、どんどんと打ち解ける仲になれるといいですね。

そうした繰り返しが、お互いの信頼関係を作り、少しずつ打ち解けられる仲になっていくのではないでしょうか。

■ 相手を信じ、尊重する

付き合っている相手のことって、どこまで信じられていますか。

まだ相手のことがわからないうちは、相手が何を考えて、いま何を思っているのか。なかなかわからないものです。

ただ、それも付き合っていくうちに、いろいろな話をしたり、デートをしたり体験を通じて、お互いのことが次第に分かっていくのだと思います。

それこそデート先で、お目当ての店に行くまでの道がわからないとき。相手が考えるルートに任せて行ってみるとか。相手がしたいこと、食べたいものに合わせて、デート先を決めるとか。

相手を信じる場面って、デートをしていても、幾多見られるのでは?

大事なのは、失敗してもいいので、相手を信じることです。失敗しても責めず、むしろその失敗を楽しむのです。そうしていくうちに、ふたりの足並みは少しずつ揃っていくはず。

相手のペースに付き合い、ふたりで悩み考える姿勢を、普段のデートから意識できるといいですね。

■ 焦るよりもどんな二人になりたいか考えよう

好きな人との将来って、付き合ったばかりのうちは、「彼と結婚できたらいいな」と思うぐらいで、なかなか現実には考えにくいものです。

あまり焦っても、お互いにしんどくなってしまうだけ。

付き合いを疎かにせず、でも、こんなポイントを意識できると、相手との付き合いが居心地のいいものになっていくと思います。

彼との付き合い方に悩んでしまったら、ちょっと肩の力を抜いて、こんな風に考えてみては。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ