TVアニメ『ブラッククローバー』、魔女王役を魏涼子、ラドロス役を草尾毅


テレビ東京系にて放送中のTVアニメ『ブラッククローバー』の人気キャラクターである魔女王役を魏涼子、ラドロス役を草尾毅がそれぞれ演じることが決定した。

「魔女の森」編から登場する新キャラクター「魔女王」は、バネッサ(cv. 水樹奈々)の故郷「魔女の森」の女王にして血液魔法の使い手。バネッサですら恐れる彼女を、魏涼子が担当する。今回の出演に魏は「心から大興奮!親子で毎週楽しみにしている作品に出演できますこの喜び!」と本作への出演に大喜びのコメント。

そして、現在アニメ本編にて活躍中のファンゼルの元教え子にして、残忍で好戦的な、ダイヤモンド王国の戦士「ラドロス」を草尾毅が担当。草尾は「原作のアクションやミリオンレーザーがどのようにアニメで表現されるかが楽しみ!」と、原作読者としての期待感を語っている。
○●TVアニメ『ブラッククローバー』登場キャラクター

■魔女王 cv. 魏涼子
魔女の森/血液魔法。呪術や使い魔の使役などを得意とする“魔女”たちが暮らす強魔地帯、“魔女の森”を統べる女王。 圧倒的な魔力を持ち、高い的中率で未来を占うこともできる。 数百年の時を生きているといわれ、誰も知らない古代の魔法や秘術の知識があり使うこともできる。自分自身を特別な存在だと考えており、傲慢で冷酷。魔女の森出身の“黒の暴牛”団団員、バネッサ・エノテーカが秘めるある能力を目覚めさせるため、長い間、自分の監視下に置いていた。
◎魏涼子のコメント
心から大興奮!親子で毎週楽しみにしている作品に出演できますこの喜び!豪華な方々に囲まれ毎回過呼吸気味で収録しております。この幸せな時間を噛み締めながら<魔女王>思いきり頑張ります!

■ラドロス cv. 草尾毅
ダイヤモンド王国/八輝将/吸収と放射。特殊な強化手術を受けた“ダイヤモンド王国”の“魔導戦士”で、ダイヤモンド王国軍最強の“八輝将”のひとり。強化手術後、自らが受けた魔法攻撃を吸収し放出する“吸収と放射”という魔法能力を与えられる。自己顕示欲が強く、他人は利用するものと考えている。自分自身を認めさせるため、その力を最大限に闘争に活かすことを生き甲斐としている。強大な魔力を持つことから王国の特別施設で育ったが、子供の頃は、特に“属性”と呼べるもののない自分自身の魔法にコンプレックスを持っていた。
◎草尾毅のコメント
原作のアクションシーンや「ミリオンレーザー」がアニメでどんな風になるのかとても楽しみです。ラドロスの独特な雰囲気が、見ている方に、最終的に「恐怖」として伝わる様に頑張りました。敵役だけど応援してね!

さらに来週放送の58話からTEAM SHACHIの秋本帆華が、オリジナルキャラクター「アキモ」役で登場することが決定。連載当初からの原作の大ファンで「カホノ」のモデルとなったことでも有名な彼女が、彼女のためにつくられたというオリジナルキャラクターに挑戦する。

TVアニメ『ブラッククローバー』は、明日の放送より「魔女の森」編へ突入。再起不能と言われたアスタの腕がどうなるのか、バネッサの故郷魔女の森とはどのような場所なのか、注目したい。また、11月9日夜9時00分よりニコニコ生放送ほかにて、『テレビアニメ「ブラッククローバー」~黒の暴牛ナイト~PS4もやっちゃうよ生特番』が放送。2年目を向かえたTVアニメ『ブラッククローバー』を梶原岳人、福山潤をはじめとした「黒の暴牛」のキャストが振り返る。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

あなたにおすすめ