アヴリル・ラヴィーン、死亡・影武者説に初めて言及

今年9月に5年ぶりの新曲『Head Above Water』をリリースしたアヴリル・ラヴィーン(34)。新曲では2014年からのライム病との辛い闘いを歌っているが、闘病中の2017年に「アヴリル・ラヴィーンはすでに死亡しており、影武者がその代わりを務めている」との噂が広まったことがあった。このたびアヴリル・ラヴィーンが、そんな噂について初めて言及した。

アヴリル・ラヴィーンは2003年にすでに死亡しており、今存在する“アヴリル”は影武者だというなんとも信じがたい噂が2017年5月に一気に拡散した。ブラジルが発信元とされているが、証拠を見つけたというあるブロガーは「アヴリルは2003年、祖父の死後に自殺し、レコード会社がそっくりさんのメリッサ・ヴァンデラという女性を雇って、アヴリルのふりをさせてきた」と主張したのだ。その証拠というのはアヴリル・ラヴィーンのスタイルや筆跡の変化などで、また意味深な歌詞から彼女が死亡したのは明らかだというもの。さらに影武者メリッサが2004年のアルバム『Under My Skin』で真実を告白しようとしていたという説まであったのだ。

これまでその死亡・影武者説を否定も肯定もしてこなかったアヴリル・ラヴィーンが、現地時間10月31日にオーストラリアのラジオ『KISS 1065』で「あなたがすでに死亡しているとか、クローンがいるという噂についてどう思いましたか? 笑っちゃう?」と聞かれ、初めて口を開いた。

「ええ。私が本物の私だと思わない人がいるの。それって本当に変よ! 『なんでそんなこと思うのかしら?』って感じだわ。」

とはいえ、アヴリル・ラヴィーンが死んでしまうと思うほど辛いライム病と闘っていたのは事実。アヴリルは新曲『Head Above Water』を発表した時に、自身の公式サイトで「私は死んでしまうと思いました。自分の死を受け入れたのです。母が私と一緒にベッドに横になって、助けてくれていました。溺れているように感じたんです。必死に息をしながら、祈りました。『神様、どうか私の頭を水の上にあげ続ける手助けをしてください』と。その瞬間に、このアルバムの作曲が始まりました。何かに入り込んだ感じでした」と説明していた。

これまでのキャリアやライム病もすべて今存在するアヴリル・ラヴィーン本人が築き、闘ってきたものだ。変な噂や都市伝説には慣れっこのセレブ達とはいえ、これらが影武者のおかげだと言われることには決して良い気持ちはしないだろう。

画像は『Avril Lavigne 2018年9月19日付Instagram「Fighting #LymeDisease has been the hardest battle I’ve ever fought.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ