バッテリー大丈夫? iPhone X/8、iOS 12.1にてパフォーマンス管理機能に対応

20181102nbattry
Image: Apple

流石にまだ劣化していないと思いますが。

昨年のバッテリー性能低下騒動の末にiOSに導入された、「パフォーマンス管理機能」。こちら、iOS 12.1にてiPhone 8/8 Plus/Xにも対応したことが、サポートページから明らかになりました。

iOS 11.3にて実装されたパフォーマンス管理機能では、もしバッテリーが一定レベル以上に劣化していた場合、iPhoneのパフォーマンス(性能)が低下します。これは突然のシャットダウンを防ぐために必要な機能で、これまでiPhone 6やiPhone 7、iPhone SEなどに適応されていました。

この機能の具体的な影響としては、アプリの起動に時間がかかる、フレームレートが下がる、またバックライトが暗くなる、スピーカーの音量が小さくなるといったもの。一方で、通話や通信、カメラ画質など重要な機能については影響を与えません。

なお、このパフォーマンス管理機能は、ユーザーが自分でOFFにすることも可能です。ただし、その場合にはアット・ユア・オウン・リスク(自己責任)にて設定することになります。

そういえば、iPhone X/8/8 Plusが発売されてからもう1年近くも経つんですね。スマートフォンのバッテリーは1年程度ではそれほど劣化しないのが普通ですが、今回の機能で自分のiPhoneのバッテリー状態を一度確認しておくのも良いでしょう。

Source: Apple

あなたにおすすめ