週間 暖かい空気 立冬に夏日も

日直予報士

2018/11/5 11:28

この先、季節はいったん逆行。暦の上ではそろそろ冬ですが、半袖で過ごせるほどの所もありそうです。

●あすの天気

あす6日(火)も西日本は高気圧の圏内。東日本や北日本は、東西2つの高気圧に挟まれ、気圧の谷となるでしょう。
【天気】
北海道は雲が多く、日本海側では昼頃まで雨の降る所があります。
東北は、午前中は晴れ間があります。午後は南部の広範囲で弱い雨が降り、北部でもパラっと雨の降る所があるでしょう。
北陸は昼頃まで雨雲が湧きやすく、ザッと強く降る所もありそうです。
関東と東海も雲が多く、午前、午後ともに所々で雨が降るでしょう。特に、東海の沿岸部では、午前を中心に雨脚が強まるおそれがあります。
近畿は昼前まで雲に覆われ、所々で雨。午後は日の差すこともありそうです。
中国と四国、九州、沖縄は、おおむね晴れるでしょう。
【気温】
朝は今朝と同じかやや高く、全国的に、この時期としては冷え込みが弱いでしょう。
日中も、平年より高い所が多く、北海道は12度~15度くらい、東北は18度前後、北陸と関東、東海は20度前後、近畿から九州は23度前後、沖縄は28度前後の予想です。

●あさって以降の天気 曇りや雨でも気温は高い

あさって7日(水)は『立冬』。暦の上では冬。ただ、日本付近、暖かい空気に覆われます(上空の風の流れが、南西から北東へ向かうため、南からの暖かい空気が流れ込みやすい)。雲が多めで、雨の所もありますが、気温は平年より高い所が多く、関東から西は20度を超えそうです。四国や九州では25度以上の『夏日』の所もある見込みで、半袖でも過ごせるくらいでしょう。8日(木)も同じような状況が続きます。
9日(金)は、低気圧が北海道に近づき、前線が本州付近を通過します。全国的に雨で、ザッと強く降ることもあるでしょう。低気圧の発達の度合いによっては、北日本を中心に風も強まり、荒れた天気となるおそれもあります。なお、強まるのは「南風」なので、気温は上がります。
低気圧や前線が通過したあと、日本付近は西高東低の「冬型」の気圧配置に。ただ、寒気の流れ込みは弱いでしょう。週末、北陸から北では、しぐれ模様となりますが、気温は高めで、山沿いでも雨から雪に変わることはほとんどなさそうです。例年、北海道では平地も雪になる頃ですが、今年は「初雪」の便りは遅くなりそうです。

あなたにおすすめ