甘辛味でごはんが進む! 冷めてもおいしい「鶏肉のショウガ焼き」

E・レシピ

2018/11/5 08:00

できたてアツアツでいただくお料理がおいしいのはもちろんですが、いつもできたてがいただけるとは限らないですよね。時間があいてしまってもおいしく食べたいもの。今回は、冷めてもおいしくいただけるレシピをご紹介します。

“豚のショウガ焼き”の鶏肉バージョンの一皿は、甘辛い味で白いご飯が進みます。キャベツとタレの相性もぴったりで付け合わせの野菜もモリモリ食べられそうですね。

味がしっかりついているため、冷めてもおいしく、お弁当にもおすすめです。

定番“豚のショウガ焼き”と同じぐらい絶品なこちらのおかず。レパートリーにぜひ加えてみてくださいね。

■鶏肉のショウガ焼き

調理時間 20分 1人分 443Kcal

レシピ制作:E・レシピ

<材料 2人分>
鶏もも肉(大) 1枚
<下味>
 酒 小さじ1.5
 みりん 小さじ1/2
 しょうゆ 小さじ1.5
 ショウガ汁 小さじ1
赤ピーマン 1個
 塩 少々
サラダ油 大さじ1
キャベツ 1/8個
<調味料>
 酒 大さじ1
 みりん 大さじ1
 砂糖 大さじ1
 しょうゆ 大さじ1.5
ショウガ汁 小さじ1/2

<下準備>
・鶏もも肉は食べやすい大きさの削ぎ切りにし、<下味>の材料をしっかりもみ込み、10分おく。


・赤ピーマンは縦4つに切ってヘタと種を取り、ひとくち大に切る。

・キャベツはせん切りにし、水に放ってザルに上げる。

<作り方>
1、フライパンにサラダ油を熱し、赤ピーマンを炒めて取り出し、塩を振る。続けて鶏もも肉を中火で両面を焼き、いったん取り出しておく。


2、フライパンの油を捨てて鶏もも肉を戻し、<調味料>の材料を加えてからめる。最後にショウガ汁を加え、からませる。器にキャベツ、赤ピーマンと共に盛り合わせ、タレを少し煮詰めて全体にかける。

キッチンペーパーで余分な油を取り除きながら焼くと、おいしく仕上がりますよ。

(ジェイ真葉)

あなたにおすすめ