やっぱり“犬”が好き! 愛犬家に聞いた「犬との幸せな時間」

TOKYO FM+

2018/11/5 11:00

人間と共に暮らす人気動物の二大巨頭といえば、やはり犬とネコ。ですが近年は空前のネコブームで、SNSでもかわいらしい写真が拡散されるのはネコの印象が強いですよね。

では犬派が減ってしまったのかというと、決してそうではありません。犬を好きな人たちは静かに、ずっと変わらず犬との幸せな時間を育んでいます。

TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の10月31日(水)の生放送では、パーソナリティをつとめるたかみなが、「愛犬家たちの『犬と暮らす幸せな時間』」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。



※写真はイメージです

まずはシンプルに「犬のかわいさ」に関するエピソード。

「シベリアンハスキーを飼っています。犬の良さはやっぱりパートナー感が強いことかな。いつも飼い主を見ているし、次に何をするかを注意深く観察してます。出かけるときは見送って、帰ってきたら眠っていても起きて迎えてくれる。悲しいときは寄り添ってくれる。見上げる真っ直ぐな瞳がいじらしいですし、こちらも最大限の愛を返さなければと思います」(30代・男性)

「犬が好きなんですね、愛が溢れてますね!」とたかみな。

やはり犬といえば「忠誠心」。犬は知性が高いだけでなく感受性もとても強く、人間の感情を読み取りながら行動しているのだそうです。犬と暮らしたことがある人は分かると思いますが、悲しいときには本当に慰めるように傍にいてくれますよね。

「チワワ2匹、ミニチュアダックス3匹と暮らしています。最初は1匹だったんですけど、だんだんと増えていき……今はもう、犬中心の生活に! 週末には大きな車で、家族と犬と一緒に遊びに行きます。みんなそろって外を眺めていたり、寄り添って眠ったりする姿はたまらない。大変なこともあるけどにぎやかで幸せ!」(40代・女性)

犬を飼っている人の中には多頭飼いをする人も多くいます。お世話は大変ですが、お出かけなどのときは1匹だけを残しておくより、何匹かいたほうが寂しくないのも確か。仲良く戯れる姿を見ているだけで癒されそうです。

「大きな犬の魅力は、いくら話しても話し足りないくらいですよ。犬のからだの大きさは心の大きさ!って言われるくらい、大型犬にはどっしりとしていて落ち着いている子が多いです。なんでも受け止めてくれるような視線で、優しいんですよね、とにかく。盲導犬なんかもそうですが、一歩引いた視点で飼い主を見守ってくれるんです。あとはなんといっても、抱き心地! ぎゅーっと抱きつける大きな動物、なかなかいないでしょ? 最高です」(30代・男性)

圧倒的な存在感、それなのに穏やかで賢い子が多いのも、大型犬の魅力の1つです。運動面や食事面など責任も問われますが、一生懸命お世話をすれば最高のパートナーになってくれることでしょう。

また、犬は家族の一員になるだけではなく家族間を取り持ってくれる大事な存在にもなってくれます。

「主人と犬、2人と1匹暮らしです。この生活ももう10年近く。夫婦がちょっと険悪になったときも、犬のおかげで『ま、いいか』となることも多いです。お互い犬のことになると何を置いても優先的にやるので、子どもみたいな感じかな。欠かせない存在です」(40代・女性)

人間だけだとギスギスしてしまうことも、犬がいると和らぐ。ケンカをしても、犬のことは放っておけないのでなんとなく会話が元通りに……。これも犬飼いさんあるあるなのではないでしょうか。

また、犬が好きすぎてライフスタイルを変えた、という人たちも。

「葉山に引っ越しました! 犬のために(笑)。大きな犬1頭と小さな犬2頭飼っていて、都内の一軒家で暮らしていたんですがもっと広々と暮らせたら犬も喜ぶだろうなと思って。ちょうど会社も辞めて、フリーランスになったタイミングだったので思い切りました。海もあって犬もいて、最高です。犬と遊びに行くためにキャンプ道具もそろえました!」(40代・男性)

何よりも大好きな犬たちのために。そのためには自分の生活を変えることもいとわない……犬好きの人たちにはそんな人も多いようです。

犬だけに限りませんが、人生を共にするペットだからこそ、失った後になかなか立ち直れない「ペットロス」になってしまう人もいます。

「昨年、15年暮らした犬を亡くしました。いつかは来ることだとは分かっていても、やはりショックからなかなか立ち直れず……。病気になってからの治療法や最期の看取り方など、これで良かったのかなとか、本当に幸せだったのかなとかグルグルと考えてしまって。大好きだったからこそ、もっとしてあげられることがあったのでは?と思います。犬が恋しいけれど、もう飼わないかもしれないな。今はあの子だけでいいかなっていう気持ちです」(30代・女性)

我が子のように愛し、長年一緒に歩んできたからこそ「ペットロス」になってしまう気持ちもわかります。強い喪失感があるがゆえ、次の子には踏み出せないという人も。時間が悲しみを癒してくれたら、またもう一度犬と暮らしたいと思える日が来るかもしれません。

ネコブームに押され気味のように感じる犬派ですが、もはや犬は人間のパートナーとして「殿堂入り」なのかも。一緒に寝て、一緒に起きて、一緒に遊ぶ時間はプライスレス。犬と暮らす誰もが言葉にできない幸せを感じているはずです。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年11月8日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組ホームページ:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

あなたにおすすめ