小森純、ペニオク騒動から5年「今回もきっと叩かれる」と弱音

画像は「小森純オフィシャルブログ」より


11月1日放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京)に、タレントの小森純が出演。入札毎に手数料が必要になる「ペニーオークション」(ペニオク)騒動後についてや再びテレビに出演する恐怖心を語った。

ママ友がタレント小森純を知らない



NGナシの芸風で仕事が殺到していた小森は、芸能活動だけでなくプロデュース業でも成功し、22歳という若さでMAX月収1700万円を手にしていたという。そんな売れっ子の小森がテレビから姿を消すことになったのが、2012年に起こったペニオク騒動。あれ以来2人の子どもの育児に専念しながら、現在はネイルサロンを経営しているという。

久しぶりのテレビ出演に小森は「めっちゃ叩かれたもん。テレビ出るたびに叩かれた。今回もきっと叩かれる」とネガティブ発言。これにMCのネプチューン・名倉潤が「ええやん叩かれてもそれは芸能人やからさ」と返すと、小森は「だって私、芸能人って言ってもほぼ一般人ですよ」と言い「結構うちママ友作ったんですけど、ママ友大概うち(小森純)のこと知らないですからね」と明かす。

これに名倉が「そんなもんよテレビって。ちょっと出えへんかったら『誰?』ってなるよ」と言うと「そう!すっごい寂しかったんですよ。こんなんなっちゃうんだって」と小森。名倉が「言われたいの?『あ!小森純や!』って」と尋ねると、小森は「それは当時は嬉しいとは感じてなかったんですけど、消えた期間があって気付かれない期間が多ければ多いほど寂しい」と語った。

続けて「何喋って良いか分からなくなりました。怖くて」と弱音をはくと、名倉は「テレビ出るってことは自分の中で『反省した所を見せなアカン』みたいなとこがあるのよ」と小森の気持ちを代弁。

しかし、名倉は「みんなに好かれたいと思って芸能界にいるってアカンよ」と言い「それくらいの覚悟がないとテレビ出たらアカンよ。それが嫌やったら辞めな出るの」と真剣に語ると、これに小森は「何で説教されるんですか?私」と戸惑って見せ、小森らしい返しにスタジオが笑いに包まれていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ