詐欺集団の1人 ネコババ目的で警官に護送依頼するも見破られ逮捕(台湾)

電話をかけて金を騙し取る手口の詐欺集団の男(23歳)が、警察に現金護送を申請したが、異常を察した警官に逮捕されていたことが分かった。男は警官を利用して監視役の仲間を追い払い、売上金を着服するつもりだったという。『自由時報』『TVBS新聞網』などが報じた。

台湾で今年の9月13日午前、詐欺集団は「健康保険カードが盗用されている」などと電話をかけ、被害者から130万元(約480万円)あまりを騙し取り、容疑者の男の個人口座に振り込ませた。同日午後、容疑者の男は監視役の1人と銀行に行き、家の修繕費だと言って預金を引き出すよう指示を受けた。90万元(約330万円)を引き出し、監視役である同行者に渡せば、10万元(約36万9000円)がもらえる手はずになっていたという。しかし窓口で預金残高を確認した男は、残高が130万元あまりあると知ると欲に目がくらんだ。警官を呼んで監視役を追い払うことを思いつき、銀行員に「派出所に現金護送を申請してほしい」と申し出た。

銀行から連絡を受けた派出所によれば、男は当初台湾鉄路の新竹駅までの護送を頼んだが、護送が必要な理由や駅の明確な地点を言わないため手続きに進めずにいたという。すると男は目的地を台湾新幹線の新竹駅に変更してきたそうだ。対応した警官は新幹線の新竹駅は管轄区外だと護送を断ったが異常を察し、パトロール中の警官を銀行に向かわせた。

銀行に着いた警官が「なぜ護送が必要なのか」「目的地を変更したのはなぜか」と質問すると、男は緊張で体を強張らせ、苦し紛れに銀行の外にいた男性を指し「黒い服の男につけられている。金を奪われないか心配だった」と話した。警官は男が指す男性に話を聞きに行ったが怪しいところはなく、男への疑惑がますます深まった。警官に疑いの目を向けられた男は観念し、詐欺集団の手下であることを自供したという。なお、男の持ち物からは通帳数冊が見つかっており、警察では取り調べの後、男を詐欺罪で送検したということだ。

画像は『TVBS新聞網 2018年11月2日付「自投羅網!車手黑吃黑 竟找警申請護鈔」(攝影 陳世明)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あなたにおすすめ