機能よしコスパよし。袖付きのデスクでも使える、ワンコインバッグハンガー【今日のライフハックツール】


便利」とは、ウワサに聞いているバッグハンガー。とはいえ、なければ生活できないものではないし、「バッグハンガーが自分のライフスタイルに必要なのかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

500円ほどで購入できるLIHIT LAB.(リヒトラブ)の『SMART FIT バッグハンガー』なら、お試し感覚で「バッグハンガーのある生活」が体験できます。

低価格でも機能は充実

20181101_lihitlab_baghanger_2_w1280

低価格ながらも、機能は充実。自由に可動するフックを備え、机との設置面には滑りにくいシリコンゴムが使われています。この部分を付属の粘着シートと置き換えれば、ハンガーを定位置に固定することもできます。

耐荷重は最大5Kg

20181101_lihitlab_baghanger_3_w1280

耐荷重は5kgなので、普段使いで困ることはなさそう。
Push
リヒトラブ バッグハンガー A7595-4 オレンジ
リヒトラブ バッグハンガー A7595-4 オレンジ
255円

フック部分が調節でき、側面のあるデスクでも使える

20181101_lihitlab_baghanger_4_w1280

また、この製品ならではの機能は、フック部分の角度の調節が可能ということ。側面のある机でも使用できます。調節した場合の耐荷重は3kgに落ちてしまいますが、袖付きのオフィスデスクを使用している人は要チェックでしょう。

コンパクトで持ち歩いてもかさばらない

20181101_lihitlab_baghanger_5_w1280

なければないで生活できますが、使い出すと手放せなくなるのがバッグハンガー。本製品は収納時もコンパクトなので持ち運びもストレスになりません。

どこで購入できるの?


カラーは、ブラック/ベージュ/オレンジの3色展開です。今ならAmazonで定価540円のところ、オレンジは53%オフの255円で購入が可能です(2018年11月2日時点)。

あわせて読みたい

水漏れの処置はもちろん、折れたスコップや金づちも使えるように! 常識を超える「固めて」くっつける補修テープ【今日のライフハックツール・ベスト版】

折れてしまった棒や、穴の空いたパイプなどをテープで補修するというと、間に合わせの応急処置だと思われることでしょう。ところが、見た目さえ気にしなけれ...
https://www.lifehacker.jp/2018/03/lht-repost-fiberfix.html

刃の交換が面倒なら、「連発式カッター」がオススメ【今日のライフハックツール】

カッターナイフを使う以上、避けられないのが刃の交換。でも、替え刃を探すところからはじまり、何かと手間です。今回紹介するカッター、写真中央の『オルファ...
https://www.lifehacker.jp/2018/03/lht-olfalimited-ma.html

Photo: 西村おきな

Source: LIHIT LAB., Amazon

あなたにおすすめ