家族への腹いせに自分の“ヘソ”を摘出した女性、過去を悔やむ(メキシコ)

世の若者の中には反抗期や親の期待に応えられないといった様々な理由で家族と折りが合わず、孤独を抱える者もいることであろう。メキシコに住む23歳の女性もかつて家族への腹いせのために自らのヘソを摘出手術するという大胆な行動に出た。しかし今は、そんな過去を後悔しているという。『New York Post』『Fox News』などが伝えている。

ハリスコ州グアダラハラ出身のパウリナ・カシージャス・ランデロスさん(Paulina Casillas Landeros、23)には、普通の人ならあるべき“ヘソ”が無い状態だ。実はパウリナさん、2015年にヘソを摘出する外科手術を受けていた。

パウリナさんは、摘出したヘソを当時交際していた恋人への愛情表現としてプレゼントしていたことを明かし、このほどメディアの注目を引くこととなった。

ヘソを摘出したのは今から3年前の2015年のこと。パウリナさんは当時から体の至るところにタトゥーを入れ、舌の先は二股になるように切り込みを入れ、背中は背骨の両脇にピアスの穴があり、そこにリボンを通して結んでいるという状態だった。

身体改造はパウリナさんにとって自己表現のひとつだったのだろうが、彼女の普通とは違う感性に家族はなかなか理解を示すことができなかった。パウリナさんは当時を振り返り、このように話している。

「私は常に家族との間に問題を抱えており、お互いの間には大きな溝がありました。それにひきかえ、“身体改造”は私を魅了しました。何と表現したらいいのか…すごく超越したものがあるのです。」

そして家族への不満が募ったパウリナさんは、妊娠中の母親がお腹の中の我が子と繋がっていた証とも言えるヘソを取り除くことにより、家族に対して“絶縁”とも取れる行動で腹いせをすることを決めたのだった。

外科手術によってヘソを摘出したパウリナさんは手術後、感染症にかかり、伸びをすることも笑うこともできず苦労したという。

徐々に痛みが和らぎ始めた頃、自分のヘソを小さな化粧バッグに入れ「愛している」とメモを添えて当時の恋人に贈った。この異様とも思える愛情表現に対して意外にも彼はその思いをきちんと受け止め、大事にヘソを保管したとのことだ。

それから3年経った今、パウリナさんは自分のしたことに対して非常に悔やんでいると言い、このように述べている。

「私が母親の立場だったら、私のしたことを本当に残念に感じることでしょう。母は精神的に打ちのめされたに違いありません。その悲しみをはかり知ることは私にはできません。」

「時に皆さんの子供は親との繋がりを絶とうとします。もし時間が戻せるなら私は二度と同じことを繰り返さないでしょう。無謀で感情に駆られてしてしまった私の行為は多くの人を傷つけてしまいました。」

「ヘソを摘出したことは後悔していますが、今となってはその傷跡は、私が衝動的な行動に出る前の警告という役割を果たしてくれています。」

パウリナさんによると、ヘソの摘出手術後を境に家族との関係は徐々に良くなっていったとのことだ。

画像は『New York Post 2018年10月26日付「Woman regrets removing belly button, ‘gifting’ it to boyfriend」(Caters News Agency)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

あなたにおすすめ