畠山健介&真壁伸弥が俳優挑戦!中島健人を見て「ラグビー界にいないイケメン」<コメント有>

ザテレビジョン

2018/11/5 05:00

11月10日(土)放送の「ドロ刑-警視庁捜査三課-」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)第5話に、11月5日(月)~11日(日)の期間で行われる同局「カラダWEEK」との連動企画で、ラグビートップリーグで活躍する元日本代表・サントリーサンゴリアスの畠山健介選手、真壁伸弥選手が出演することが分かった。撮影現場から、主演のSexy Zone・中島健人との楽しそうな3ショットが届いた。

■ どんな場面で登場するの?

「ドロ刑―」は中島演じる新米刑事が、遠藤憲一演じる伝説の大泥棒と禁断のタッグを組み、13係の変わり者の仲間たちと窃盗にまつわる難事件を痛快に解決する刑事ドラマ。

畠山選手、真壁選手は「刑事はカラダが資本」ということで、主人公・斑目(中島健人)を鍛え直す肉体派刑事として登場。彼らは13係きっての体育会系刑事・勝手田(丸山智己)のトレーニング仲間という設定だ。

■ 2選手のダイナマイトボディーは長身・丸山智己が小さく見えるほど

勝手田と「MPD」と書かれたそろいのオリジナルTシャツを着て出演する2人は、畠山選手は178cm・113kg、真壁選手は192cm・125kgの迫力たっぷりの体格で、普段は13係の中でも頭一つ大きい185cm・71kgの勝手田が小さく見えるほど。

世界と戦ってきた本物のアスリートを前に、スタッフ・キャストが大盛り上がり。与えられたセリフとお芝居も難なくこなし、役者としての才能も申し分なしで収録を終えた。

そんな畠山選手、真壁選手からコメントが届いた。

■ 畠山健介選手のコメント

貴重な経験をさせていただいたと思っています。作品のクオリティーをできるだけ下げないように心掛けました。楽しかったです。

主演の中島健人くんが、めちゃくちゃ格好良かったです。我々ラグビー界にはいないタイプのイケメンなので、お会いできて光栄でした。

勝手田役の丸山さんが身長も大きくてガタイもでかくてビックリしました。僕らの演技もさることながら、ほかの出演者の素晴らしい演技をお楽しみください!(笑)

■ 真壁伸弥選手のコメント

一つ一つの撮影を丁寧にやるドラマの現場に驚きました。あまり来たことのない場面でビックリしました。

中島健人さんを見て、ラグビー界にもああいうすてきなイケメンが現れてほしいと思いました。勝手田役の丸山さんは是非ラグビーやってほしい体格でした。

なかなかラグビー選手がドラマに出ることはないと思います。面白い番組になっていると思うので、是非ご覧ください。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168042/

あなたにおすすめ