常盤貴子が19年ぶりの日曜劇場の主演に! 原作はアメリカドラマ「The Good Wife」

ザテレビジョン

2018/11/5 04:00

TBS系では、2019年1月期の日曜劇場枠で「グッドワイフ」(毎週日曜夜9:00-9:54)を放送する。同作は夫の裏切りと逮捕という最悪な出来事で人生が一変してしまった女性が、弁護士という仕事を通して自らの困難に果敢に立ち向かっていく姿を、時に鋭く、時にユーモラスに描いていくリーガルヒューマンエンターテインメントとなっている。

主演は、常盤貴子。社会現象を巻き起こした大ヒットドラマ「Beautiful Life ~ふたりでいた日々~」(2000年)以来、19年ぶりの日曜劇場主演となる。常盤が演じるのは、16年ぶりに弁護士に復帰することになった蓮見杏子(はすみきょうこ)。杏子は出産を機に弁護士の仕事を辞め、専業主婦としてエリート検事である夫を支え、子どもを育て、家庭を守ってきた。ところがある日突然、東京地検特捜部長である夫が汚職の容疑で逮捕される。さらに女性スキャンダルまで明らかになり、“よき妻”として家族に尽くしてきた杏子の人生は一変することに。

夫のスキャンダルの真相も明らかにならない中、子どもたちを守るために杏子は復職を決意。そして司法修習生時代の同期の助けでその同期が経営する法律事務所に仮採用され、16年ぶりに弁護士として復帰する。しかし、スキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに”、自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していく。

杏子に手を差し伸べる、同期の弁護士・多田征大(ただまさひろ)を演じるのは小泉孝太郎。多田は司法修習生時代に、密かに杏子に思いを寄せていた。今回、夫に裏切られた杏子の姿を目の当たりにして、再び杏子への思いに火がつく。また、同期だった杏子の優秀さも認めており、共同経営する神山多田法律事務所に弁護士としてブランクのある杏子を雇い入れる。多田本人は依頼人の利益を最優先し、あらゆる手法で勝訴してきた、優秀でビジネスライクに仕事をする敏腕弁護士。しかし、依頼人と真剣に向き合う杏子の姿を見ているうちに弁護士としての姿勢が揺らぎ始める…。

また、杏子の夫に立ちはだかる最大の敵。夫に代わり、東京地検特捜部長の席に座る脇坂博道(わきさかひろみち)役に吉田鋼太郎が決定。杏子の夫のライバルとして、また検察内部での出世のために夫を尋問して汚職事件を暴く。

そして、杏子の夫の部下だった特捜部員・佐々木達也(ささきたつや)役を滝藤賢一が演じる。果たして、汚職事件の真相はどこにあるのか? 事件を巡る攻防も大きな見どころとなる。

毎回、神山多田法律事務所に持ち込まれるやっかいな案件をチームで追い、真相に迫っていく様子も見どころの一つ。そんな事務所のパラリーガル・円香みちる(まどかみちる)役には水原希子。優秀なパラリーガルで、豊富な交友関係を駆使して重要な情報や証言を手に入れる、弁護士たちの右腕となっているミステリアスな女性。杏子に対して決して好意的ではなさそうで…。そんな円香が抱える事情とは?

新人弁護士・朝飛光太郎(あさひこうたろう)役には北村匠海が決定。上司にズバズバ意見するが、抑えるべきところは抑える愛されキャラ。杏子と同じく仮採用だが、実は事務所の雇用枠はひとつ。杏子と朝飛はその席を巡って競争することになり、朝飛は常に杏子の動向を気にする…。

さらに神山多田法律事務所で多田と共同代表を務める神山佳恵(かみやまよしえ)役に賀来千香子。やり手の弁護士で、仕事に全てを捧げてきたため、16年ぶりに弁護士に復帰した杏子には厳しい態度を見せる。

このドラマの原作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務めて、2009年から7年間アメリカで放送された「The Good Wife」。テレビ版のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞やゴールデングローブ賞を多数受賞。法廷ドラマを中心にしながら、政治と家庭の両面を鋭く描き、そのリアリティーと劇的な展開から 全米で大人気を博した。また、韓国でもリメイクされ、ロシアでも2019年のリメイクが決定している。

プロデュースは、「99.9-刑事専門弁護士-」でリーガルドラマを大ヒットさせた瀬戸口克陽と東仲恵吾。脚本を担当するのは、社会派をテーマにした作品に定評がある篠﨑絵里子。演出は「アンナチュラル」「リバース」などを手がけた塚原あゆ子が担当する。

■ 常盤貴子コメント

――19年ぶりに日曜劇場に主演として戻って来られた意気込みをお願いします。

自分では19年も経った気がしないのですが、元々私はTBSに育てていただいたようなものなので、「ただいま」と帰ってきた感じがあります。でも久しぶりだからこそ変わったと感じる部分もたくさんあると思うので、これからが楽しみでもあり、また新人女優として頑張ります! という清々しい気持ちでもあります。

――今回のドラマ「グッドワイフ」の見どころは?

普通に子どもを育て、夫を支えてきた主婦が、夫のスキャンダルによって、16年ぶりに弁護士に復帰する事になります。彼女の立ち向かっていく姿が爽快なドラマです。

――今回演じる杏子の役柄について。

普通の主婦だった女性が弁護士に復帰する事になるのですが、(私が演じる杏子は)本当に普通の主婦だと思うんです。でもだからこそ、子どもたちを守るという母親としての思いや、夫を支えるという思い、そういうものも普通に兼ね備えているし、特別変わった事をするような弁護士ではないと思っています。

――視聴者へメッセージをお願いします。

杏子同様、私も久しぶりにこの日曜劇場に主演で帰って来て、やる気に燃えています。

しかも個性豊かな素敵な俳優さんたちとの共演は、楽しみで仕方ありません。全ての出演者が主役のようなドラマで、色んなストーリーに溢れています。その中にはきっと見ている方々の生活に関係してくるような裁判やストーリーが出てくるので、「これは使える!」とか、「まさに今自分に起こった状況だ!」と思えることもあると思います(安心してください。解決していきます!)。このドラマを見て、前向きな気持ちになっていただけたらと思います。

■ 東仲恵吾プロデューサーコメント>

「16年ぶりに弁護士復帰した妻の大いなる戦い!」

この作品の魅力はなんといっても主人公の“力強さ”です。

時には自分の弱みも逆手にとって、がむしゃらに立ち向かう主人公の姿は清々しさを感じます。その主人公を演じるのは、芯の強さとたおやかさを兼ね備えた常盤貴子さんしかいないと感じて、今回お願いしました。

主人公を通して「どんな試練でも、諦めないで、まずは挑んでみよう」という、前向きな気持ちを持っていただけたらと思っています。

扱う案件は、どこで起こってもおかしくないようなリアルな題材であり、主人公たちに立ちはだかる相手も曲者ばかりです。そんな曲者たちとの痛快な芝居合戦も見どころです。

原作は、ハリウッドの巨匠、リドリー・スコットが総製作を務めたリーガルヒューマンエンターテインメント。

世界中で愛されている作品ですが、今回日本版として、夫の事件に隠された真相を、原作とは違うオリジナルの展開や結末としてお届けします。ぜひ、楽しみにしていてください。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/167981/

あなたにおすすめ