KEYTALKの“ココ”に注目! 新ライブイベント「ROCK AX」に出演する彼らの魅力とは

ザテレビジョン

2018/11/4 20:34

「今、目撃するべき本物のライブを、体験」をコンセプトに、日本テレビが新たに立ち上げる音楽ライブブランド・ROCK AX(ロック アックス)。

音楽ライブの未来を新たに開拓すべくスタートする同ブランドで、2019年1月22日(火)、23日(水)にTOKYO DOME CITY HALLにて初回イベントが開催されることが発表された。

今回は同イベントへの出演が決定し、音楽ファンから熱い支持を得ている、ロックバンド・KEYTALKについて紹介する。

■ インディーズから注目の的!

2013年にファーストシングル「コースター」でメジャーデビューを果たしたKEYTALK。

彼らはインディーズ時代から注目を集め、2013年に行われたイベント「オムスターの逆襲TOUR 2013」では東名阪、そして奈良の全4公演が売り切れ状態。

同年に開催した全国40カ所の発売記念ツアー「ONE SHOT WONDER TOUR 2013」でも、ワンマン7公演全て完売となる人気ぶりを見せた。

ファンからの根強い支持はとどまるところを知らず、2018年9月には千葉・幕張メッセで1万4000人を動員したワンマンライブを開催。

ライブが開かれるたび、SNSでは「無理かっこいいほんと好き……」「幸せそうに歌う彼らを見るのが本当に幸せ」などと“幸せの吐息”が相次ぐ事態となっており、今回本記事ではそんな彼らの魅力に迫る。

■ 人気の秘訣は“踊れる”点にあり!?

KEYTALKの魅力の一つは、踊れるところにある。

パーティーチューン「MONSTER DANCE」や、ポップなお祭りナンバー「MATSURI BAYASHI」では、見ているだけでも楽しいそのサビの振り付けが話題に。

MVのダンスを覚えてからライブに挑むことで、メンバーや周りの観客と一体感が味わえる点がファンの間で人気となっている。

■ “サウンド”にも注目!

4つ打ちビートだけでなく、変拍子や転調など、サウンド面でもさまざまな工夫がされている点が、思わず踊りたくなってしまう中毒性を引き立てている。

また、ボーカル・ギターの“巨匠”こと寺中友将と、ボーカル・ベースの首藤義勝のツインボーカルも魅力の一つ。キーがやや低めの寺中と、少し高めの首藤。そんな声質が異なる2人が歌う歌声も、ファンの心をつかんでいる。

キャッチーな音楽を生み続けるKEYTALKのライブに、一度足を運んでみては?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/168054/

あなたにおすすめ