クールな彼も実は…年上彼氏の「甘えたい」サイン3つ

愛カツ

2018/11/3 19:45


女性なら、甘えたいとき「○○しようよ!」「ちょっと聞いてよ」といった具体的なアクションを起こすでしょう。しかし、男性は甘えたいサインを出して、女性に気づいてもらいたい人が多いようです。

特に年上男性はクールな分、わかりにくいもの。今回は、男性に甘えたいサインを教えてもらいました。

年上彼氏を持つ彼女のみなさん、彼の甘えたいサインを見逃していないですか?チェックしていきましょう。

甘えたいサイン

■ 思わず無言になる

「男性ならみんな分かると思うんですが、年下の彼女に『疲れた!甘えたい!』とか、絶対に言えないですよね。でも、態度は正直なので無言になってしまうかも。言葉にできないんです」(30歳/メーカー勤務)

彼が突然無言になったり、そういえば今日は無口だな、と感じたりするときは、疲れている証拠。彼女に甘えたいと思っているのかもしれません。

年上男性は年長者としてのプライドもあるため、みなさん正直には口に出せない様子。この場合は、ぜひ察してあげて。彼を甘やかすのが正解です。

■ デートの終わりを引き延ばす

「甘えたいって思ったら、とにかく彼女とずっと一緒にいたい。だからデートの終わりを引き延ばしちゃいますね。ドライブしてたら『どこかほかに寄るところある?』って聞いてみたり。喉乾かない?って聞いたり……(笑)」(29歳/美容師)

これは分かりやすいパターン。彼がやたらずっと一緒にいたがるような仕草をとれば、それは甘えたいと思っているのかも。

女性だって、彼に甘えたいときは会いに行ったり、デートの終わりを寂しく感じたりしますよね。

彼にとって、彼女は癒しの存在。ぜひこのサインを逃さず、一緒にいてあげましょう。

■ ひとことLINEとか送っちゃう

「疲れたなってときは、彼女にスタンプだけとか、一言『何してるの?』とかのLINEを送っちゃいますね。とりあえず、構ってほしいから(笑)。彼女からの返事が来たら、テンション上がります」(27歳/製造業)

彼から取るに足らないLINEが来る、LINEの返信スピードがかなりはやい。そんなときってありませんか?

これは、彼が「甘えたい」サインをあなたに出しているのかも。ウザがらず、「どうしたの?」「何かあった?」と聞いてあげましょう。

■ 見逃さないで!彼の甘えたいサイン

具体的な行動や発言のない男性の甘えたいサインは、ちょっと分かりにくいこともあるようです。とはいえ、彼が甘えたいと思うのは、彼女であるあなたただ一人。

普段はクールな彼も、ときには疲れているときだってあるでしょう。こうした男性の「甘えたい」サインを見逃さず、彼を癒してあげてくださいね。

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ