「出会い系」みたいなライドシェアサービス

TABILABO

2018/11/4 19:00


カーナビアプリとして有名なGoogle傘下の「Waze」。日本では知名度が低いのですが、道路の混雑状況をリアルタイムで表示し、抜け道を教えてくれるという点で、海外ではよく使われています。

そんな「Waze」が、10月10日、アメリカで「Waze Carpool」が利用できるようになったと発表しました。簡単に説明をすると、車内に空いている座席があった場合に、ドライバーが同じ方向に移動したい人を乗せられるというサービス。

「Uber」や「Lyft」とは異なり、ドライバーがプロフィールなどを見て、好きな乗客を選ぶってのがポイント。なんかマッチングアプリみたいな仕組みですね。

Top image: (C) iStock.com/beer5020

あなたにおすすめ