もはや声優界のかくし芸大会?『カラオケMAX』第7弾2日め夜の部レポ


●熱唱からネタまで、これが"本気のカラオケ"だ!
声優・小山剛志がプロデューサーを務めるイベント「JOYSOUND PRESENTS 小山剛志カラオケ企画第7弾 カラオケMAX」が7月20・21日に埼玉県・さいたま市文化センター 大ホールにて開催された。今回は21日夜の部をレポート。主催の小山剛志をはじめ、伊東健人、駒田航、近藤孝行、汐谷文康、相羽あいな、本宮佳奈、吉岡茉祐、若井友希が出演。サプライズ的なうれしい披露の楽曲も交えた声優たちの本気のカラオケに、観客は大興奮の一夜を過ごした。

▼挨拶代わりの1曲目で、早くも特大サプライズが炸裂!

昼の部同様、トップバッターを飾ったのは主催者・小山。夏の夜らしく「勝手にシンドバッド」を披露するが、のっけからやりたい放題。本家・桑田佳祐のモノマネはもちろん、歌唱しながら吉川晃司ばりに脚をカクカクさせたり、サビの締めでは歌詞に合わせて「胸騒ぎの腰つき」を披露したり、夜の部ならではの悪ノリも披露。サビのコールもバッチリで、観客を一気にイベントに没入させる。

歌い終わった小山がさらに「出し惜しみなく、出しちゃってくださいね!」と呼びかけると、自己紹介も兼ねて夜の部の出演者がひとり1曲ずつ歌唱。まずは吉岡茉祐が、ワルキューレの「いけないボーダーライン」を歌唱する。イントロ中のコールを耳にした吉岡は「もっと出るよね!?」といきなり堂々と煽り、サビ前ロングトーンでセクシーさをきっちり踏襲し、持ち前の高い歌唱力も遺憾なく発揮。これで歌唱後に「超緊張したー!!」と叫んでいたのだから、驚きだ。

続く汐谷文康は、BOYS AND MENの「Wanna be!」で登場。こちらはキレまくりのダンスを交えての披露となったが、振付のキメごとに黄色い歓声が上がりまくり。甘めな歌声も合わせていきなり観客をとりこにしていった。3番手の若井友希は、LiSAの「Catch the Moment」を歌唱。前へと打ち出すポイントでのパワフルさはもちろん、引き目になる際の深みも含めて一音目から歌声の出し方が実に巧み。さらに最前の観客とも視線を合わせて、ライブハウス感やロック感のある魅せ方をしてくれた。

そこから少々空気を変えたのが、駒田航。黒のタンクトップを着て、BON JOVIの「It's My Life」でステージに上がった彼は、その出で立ちと曲から連想される某お笑いネタのオマージュも織り込みつつ、力強く歌い上げる。こういった小ネタでの盛り上げも、「カラオケ」らしい。

それに続いて登場した本宮佳奈はAKINO with bless4の「創聖のアクエリオン」を熱唱。トーク部分ではほわっとした雰囲気の彼女だが、Aメロの最高点で細かいビブラートを織り交ぜつつ歌い上げ、Dメロでは切なさをぎゅっと込め、スイッチが切り替わった瞬間の鋭さが素晴らしく、歌唱後は小山もその迫力を絶賛。もちろんサビの「あ・い・し・て・るー!」では、観客からも大きな声が。

そして「ベテラン」と小山に紹介されてASIAN KUNG-FU GENERATIONの「リライト」でステージに立った近藤孝行は、なぜかイントロで「SSAー!」と煽るボケからのスタート。さらに長い間奏でエアギターを織り込み、一見やりたい放題のようでありながら、そうやって巻き込んだ観客とともに確固たる歌唱力を持って、アツいステージングを見せてくれた。

続く相羽あいなもT.M.Revolutionの「Naked arms」で歌声の力を轟かせる。こちらはパワフルさが全面に出た歌声とパフォーマンスで、場内のボルテージをUP。こうして振り返ると、女性陣の歌声の特質がそれぞれ違うところも、本公演の面白いポイントだったように思う。

しかし、ラストに登場した伊東健人の選曲には会場中が驚いた。なぜならその曲は、相羽がボーカルを務めるRoseliaの「熱色スターマイン」だったから。しかも、原キーでの歌唱。それをあくまでも力強く歌い上げる伊東のうしろで、ソファに座った相羽が曲に合わせて紫のペンライトを振るという、この日以外どこで見られようかという光景が実現。さらに間奏のセリフ部分では、その相羽が乱入! そのまま大サビはふたりでのデュエットという胸熱すぎる展開がいきなり実現する。そして気持ちよく歌い切ったふたりは、ハイタッチを交わして衝撃のナンバーを締めくくったのだった。

▼本当に"縛り"コーナー? 個性の際立ちまくった"生き物"関連曲

全員が揃ったところで、続いては新企画・JOYSOUNDのうたスキ動画のグランプリ受賞者のステージに。この回は夏目さんがSuperflyの「スキップ・ビート」を披露。中音部の持つ響きと高音部のパワフルさと言った魅力あふれる歌声で、観客を楽しませてくれた。

そしてここからは、カラオケMAX恒例・縛りカラオケのコーナー。今回は「タイトルorアーティストに「生き物」が入っている曲」を、各々が1曲ずつ歌唱していく。まずは吉岡がSHISHAMOの「明日も」を歌唱。ここでは歌声は丸めにしてポップさを強めに出し、しゃくりも温かさをより与えるような聴かせ方に。心なしか、煽りもキュートめだった。続く汐谷は「Monster」をセレクト。またも甘めのボーカルで歌いつつ、2サビ明けのロボットダンスや振付の再現、さらには落ちサビで着用した仮面を外すなど、魅せ方の面でも沸かせていく。

また、バラードで聴かせたのが若井。aikoの「カブトムシ」で変わらぬ深みと情感あるボーカルを響かせていくが、サビで相羽のもとへ移動すると「少し背の高いあなたの耳におでこを寄せる」という歌詞になぞらえたパフォーマンスを敢行。カラオケMAX第1回で、小山が江口拓也に行ったパフォーマンスの再現をしてみせる。さらに2サビでも歌詞になぞらえてか本宮から耳打ちを受け、そのまま吉岡の元で歌う……といった、ちょっとしたディナーショー状態に。

そしてここから2曲が、会場を興奮と爆笑の渦に巻き込む。まず「生き物といえば海」とかぶりものをした駒田が「おさかな天国」を歌唱。歌詞中の「キス」に合わせて投げキッスを飛ばして女性ファンを魅了しつつ、随所にコールが入りサビではシンガロングが発生するという謎の盛り上がりが誕生。最後は出演者全員にマイクを持たせて合唱し、謎の大団円感が生まれていた。

さらに本宮も、「ゲスト」としてカバンから自らの愛するデグー(のぬいぐるみ)を取り出すと、「ハム太郎とっとこうた」の歌詞に合わせてデグーを駆け巡らせ、回し車のようにぶんぶん回していき、やりたい放題。アニクラ定番曲らしくコールもすさまじく、ステージ上も客席もとにかく楽しみまくっていた。

そんな高まった会場をクールダウンさせてくれたのが、近藤の「北風小僧の寒太郎」。2,000人の「寒太郎ー!」コールを浴びながら、ここでは非常にきれいな歌声で、きっちりと歌う。続く相羽は、浜崎あゆみの「evolution」と"あゆ"での選曲。MVのように着席してのイントロを過ぎると、そこからは跳ねて煽ってボルテージUP。一旦クールダウンした場内を再び燃え上がらせると、大きく返るコールを受けて思わず「みんなサイコー!」と声をかけた。

するとこのコーナーのラストを飾る伊東と近藤が、次曲の仕込みを開始……と、客席からは悲鳴にも近い歓声が上がる。なぜならふたりが着替えたのは、『テニスの王子様』の青学ジャージだったから。それを身にまとい、近藤演じる大石秀一郎のセリフを近藤自らが発する形で、伊東がミュージカル版の楽曲「大石のテリトリー」を披露。キャラクターは生き物なので、たしかにテーマにも沿った選曲だ。実はこの曲は以前のカラオケMAXで伊東が披露していたのだが、今回の二人のコラボレーションによりさらに高まった内容となった。最後には大石の「ムーンボレー!」のシャウトが場内に響き、またひとつカラオケMAXに伝説が生まれた瞬間となった。

●実現も近い?武道館がカラオケBOXになる日
▼高クオリティ連発なものまねコーナー

その興奮冷めやらぬまま、今度は定番コーナー・ものまねがスタート。1コーラスずつ、出演者陣が次々とものまねカラオケを披露していく。まずは「昔から好きな歌を練習してきた」と語る汐谷が「まっがーれ↓スペクタクル」を披露。雰囲気や、特に語尾感の非常に似た質の高いものだったが、なぜか歌唱後のトーク中には照れを見せていた。

続く本宮は、「ローリンガール」でイントロのセリフから完璧に初音ミクすぎるパフォーマンス。グリーンに染まる客席を前に振付も交えつつ、先ほどのハチャメチャさとはうってかわってボカロらしいイントネーションを完全再現。歌唱後の「ありがとうございました」まで、とにかくパーフェクトだった。

そのクオリティに若干尻込みしつつも、ちょうどこの2曲の中間にあたるような「雪、無音、窓辺にて。」を、続けて吉岡が披露。声質的なハマりもよく無機質感もしっかり出ており、特にア段の発音の忠実さから素晴らしさを感じた。

夜の部は他にも本家に忠実なものまねが多く、若井の「そばかす」もボーカルの入りからロングトーンの切り方と細部に至るまで実によく似ており、歌唱後小山も高評価。さらに近藤の「バラ色の人生」は歌声のみならずクオリティ高い振付も含めて、王子様感の強いステージングを見せてくれた。

その一方で、もちろん「やりたい放題」組も存在。まず駒田は『アナと雪の女王』の「Reindeer(s) Are Better Than People」を、セリフ的な起伏も込めて見事に2役を演じ分ける形で披露し喝采を浴びると、続く伊東は「パート・オブ・ユア・ワールド」を歌唱。しかし、これはモノマネか……? と思っていると、油断したスキにセリフすべて某ネズミで込むというバラエティ的な展開に。地のボーカルが変わらず上手いだけに、これには驚いた。また、相羽は「real Emotion」の冒頭で、英詞パートを歌うと見せかけて見事なモノマネで喋りまくる。しかも歌いだしてからのボーカルも激似で、歌唱テクとやりたい放題の両取りをここでも成し遂げてみせた。

▼コンビネーションバッチリなデュエットコーナー

そしてイベントの最後を飾るのは、デュエットゾーン。まずは吉岡と若井が「逆光のフリューゲル」を披露する。同じユニットでの活動やラジオの担当もあり、コンビネーションには折り紙付きのこのふたり。主線の迫力や確度の高さはもちろん、Aメロからバシバシ飛び出してくるハモの美しさなど、見せ方を含めて思い切り魅了されてしまった。また、3-Bメロを背中合わせで対になって歌うと、そこからの大サビの入りもタイミングばっちり息ぴったり。難所もしっかり乗り切って、歌いこなしていった。

続く汐谷・駒田ペアは『塔の上のラプンツェル』の挿入歌「輝く未来」を、シーンを完全再現しながら披露。しかも汐谷がラプンツェルらしく金髪おさげのカツラをかぶり、さらにランタン係として伊東もその演出に一役買う。そんな、見え方としては若干ネタ寄りのもののはずなのに、歌声はとても美しいもの。最後に響かせたハーモニーもとても心地よく、視覚・聴覚両面から情報量の多すぎる1曲で楽しませてくれた。

女子ペアラストは相羽・本宮による「ライオン」。「私たちは、ライオンのフレンズの歌をうたいます!」とイントロで相羽が宣言する。こちらもユニット活動をともにするふたりらしくコンビネーションは抜群で、相羽の力強い歌声と、本宮のソロよりも少し甘めのボーカルとが絶妙なハーモニーを響かせる。そうして原曲の良さを生かしつつ、サビ前には「がおー!」と"あの作品"を連想させる雄叫びを上げたのは、ニクいポイントだった。

そしてラストを飾る伊東・近藤ペアが選んだのは、大石の持ち歌「恋風」。いわばセルフカバーのような形となるこの曲で、伊東がまずは素直で清涼感ある歌声を響かせれば、続く"本家"近藤もしっかりとそのバトンを受け取り、サビではハーモニーも交えて爽やかかつ甘酸っぱい歌声を響かせていく。こうして最後の最後に大きなサプライズも交えて観客のボルテージをMAXにしたところで、本編は幕を下ろした。

そしてカラオケBOXという設定らしく、アンコールを求める「延長! 延長!」の声が響くなか出演者が全員再登場。それぞれの挨拶を経て、最後に小山が「皆さんからの感想をもらうたびに力を奮わせて、おかげで続けてこられました」と感謝を述べ、「出演者の皆さんからの『次も出たいです!』というありがたい声もいただいていますし、今日ここにいる方以外にも抽選に漏れた方もたくさんいて……なので、ここでやめるわけにはいかないと思っています。今後も続けていって、最終的には武道館あたりでやれたら楽しいかな、と思います」と今後の野望もぶち上げたところで、全員でゆずの「夏色」を歌唱。客席に黄色のペンライトの輝きも交じりつつ、サビはシンガロングで会場一体となる。こうして9人と2000人が笑顔の夏色を刻んで、退店の時間と相成ったのだった。

「熱色スターマイン」歌唱中に、「ここを日本で一番楽しいカラオケボックスにしようぜー!」と伊東がシャウトした通りの空間になった、この日のさいたま市文化センター。まるで声優陣のカラオケに紛れ込んでしまったかのような楽しいイベントが、小山の言葉通り近いうちにまた開催されてほしいと、強く願う。きっと驚くような規模感の、最大・最高のカラオケBOXが、また誕生するはずだ。

●「JOYSOUND PRESENTS 小山剛志カラオケ企画第7弾 カラオケMAX」7月21日夜の部セットリスト
M1.勝手にシンドバッド(サザンオールスターズ)/小山剛志
M2.いけないボーダーライン(ワルキューレ)/吉岡茉祐
M3.Wanna be!(BOYS AND MEN)/汐谷文康
M4.Catch the Moment(LiSA)/若井友希
M5.It's My Life(Bon Jovi)/駒田 航
M6.創聖のアクエリオン(AKINO from bless4)/本宮佳奈
M7.リライト(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/近藤孝行
M8.Naked arms(T.M.Revolution)/相羽あいな
M9.熱色スターマイン(Roselia)/伊東健人
M10.スキップ・ビート(superfly)/夏目(うたスキ選出枠)
【タイトルorアーティストに「生き物」が入っている曲縛り】
M11.明日も(SHISHAMO)/吉岡茉祐
M12.Monster(嵐)/汐谷文康
M13.カブトムシ(aiko)/若井友希
M14.おさかな天国(柴矢裕美)/駒田 航
M15.ハム太郎とっとこうた(ハムちゃんず)/本宮佳奈
M16.北風小僧の寒太郎(堺 正章&東京放送児童合唱団)/近藤孝行
M17.evolution(浜崎あゆみ)/相羽あいな
M18.大石のテリトリー(ミュージカル)/伊東健人&近藤孝行
【モノマネ縛り】
M19.まっがーれ↓スペクタクル(小野大輔)/汐谷文康
M20.ローリンガール(wowaka feat.初音ミク)/本宮佳奈
M21.雪、無音、窓辺にて。(茅原実里)/吉岡茉祐
M22.Reindeer(s) Are Better Than People(Jonathan Groff)/駒田 航
M23.パート・オブ・ユア・ワールド(すずきまゆみ)/伊東健人
M24.そばかす(JUDY AND MARY)/若井友希
M25.real Emotion(倖田來未)/相羽あいな
M26.バラ色の人生(及川光博)/近藤孝行
【デュエット縛り】
M27.逆光のフリューゲル(ツヴァイウイング)/吉岡茉祐&若井友希
M28.輝く未来(諏訪部順一、桑島法子)/汐谷文康&駒田 航
M29.ライオン(May'n、中島愛)/相羽あいな&本宮佳奈
M30.恋風(近藤孝行)/伊東健人&近藤孝行
【延長】
夏色(ゆず)/ALL CAST

あなたにおすすめ