癒し系Hカップ 星名美津紀、中学3年で買った大胆変形水着ようやくお披露目

dwango.jp news

2018/11/4 18:10


癒し系フェロモンにHカップの美巨乳が魅力の”みづきち”の愛称で親しまれている星名美津紀が、「2019年版カレンダー」(ハゴロモ)を発売。記念イベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。

イベント前の囲み応じた星名は、カレンダーの表紙と同じ、ファンにも評判だという濃淡ピンクのグラデーションと幾何学模様が品良い可愛さのビキニ姿で登場。「今回のカレンダーはすべてセルフプロデュースになっていまして、水着は全部自前です。季節ごとに変えているのですが、小物類も自分で用意しなければいけなくって」と念願のセルフプロデュースを喜びながらも大変だったと振り返る星名。「雑誌とかだとありがたいことに、メイクさん、スタイリストさんがやっていただけるんですが、イチから全部自分となると、衣装を取り寄せたり、こういう時のメイクはどうやったらいいのかとか、技術が必要だと感じました。私は普段ナチュラルメイクが多いので、”大人っぽいメイクして”って言われても、口紅を濃くするしかできなかったので、もっと技術を磨いて、一人でも作品を作れるような人になりたいです」と目を輝かせた。ほかにも「浴衣の着付けもひとりでやったんですが、これが一番大変でした。完成品を見ると、着崩れているのに気付いてしまって、消してもらいました(笑)」と修正を施したことを笑顔で公言していた。



お気に入りのカットに選んだ、エメラルドグリーンの大胆な変形水着ショットについて「実はこの水着、私がデビューした中学3年生の時に買ったんですよ。これで撮影会行きますって言ったら、当時の事務所の社長さんが”これは絶対二十歳越えてからにしなさい”って言われて以来、6年間出番がなかったんですけど、このカレンダーでようやく陽の目をみたんですよ。そんな思い出のある水着です」とにっこり。記者から「中学にしては大胆では?」と聞かれ、「確かに今思えば大胆なんですけど、当時からけっこう変形水着も好きだったので」と、見た目によらずけっこう大胆な水着もいとわないアツい”グラビア魂”を秘めた星名であった。

現役女子大生グラドルとしても活動してきた星名だが、来春卒業予定という。「卒業見込でーす。無事に卒業できそうなので、よく心配されるんですけど、単位も取れてるので大丈夫です」と笑顔を見せた。卒業後は芸能活動に専念するという。今年は自分磨きを頑張れた年だと振り返った星名。来年は社会人としての芸能活動となるが、グラビアに映画にテレビにと、さらに飛躍する年であると期待したい。

あなたにおすすめ