今すぐできる!-5歳に見える「ほうれい線」撃退術

All About

2018/11/4 16:45

見た目年齢を大きく左右する、ほうれい線。その対策は意外にも、日常生活の中で簡単にできることばかり。さあ、今すぐ始めましょう!

ほうれい線が目立つ原因って?

ほうれい線が目立つ原因としては、「表情筋の衰え」「乾燥や紫外線によるダメージ」「加齢によるハリ・弾力の低下」などが挙げられます。原因がわかれば、あとは対策あるのみ! スキンケアやメイクで目立たなくすることだって可能です。

そこで、日常生活の中で簡単に行える、ほうれい線撃退術をお伝えします。

1.「下から上」でリフトアップ!

クレンジングや洗顔をしたり、化粧水や乳液、クリームをなじませる時、無意識に上から下へと手を動かしていませんか? これは、顔をたるませてしまう動き。顔に触れる時には“やさしく、下から上へ”と意識するだけでも、肌への負担は軽減します。

顔の毛穴はほとんどが下向きなので、毛穴の汚れがきれいに落とせたり、スキンケア化粧品が浸透しやすいというメリットもありますよ。

2. 日常の何気ない「クセ」をやめてみる

日常のちょっとしたクセが、ほうれい線を濃くしている可能性も。「食事の時、片側ばかりで噛む」「横向きで寝る」「頬杖をつく」といったクセを毎日繰り返すことで表情筋がアンバランスになると、顔がたるんでほうれい線が目立ちやすくなるので気をつけましょう。

3. 敬遠しがちな「大笑い」が実は予防に

「笑うとほうれい線が目立つから、なるべく表情を変えない」という人もいますが、無表情でいると表情筋が衰えて顔のたるみが進行し、かえってほうれい線が目立ちやすくなります。毎日表情豊かに過ごすことが、実はほうれい線の予防につながるのです。

パソコン作業などが続いて無表情で過ごす時間が長くなったら、時々、大きく口を開けて「アイウエオ」と動かしたり、頬をふくらませて「空気うがい」をするのも効果的です。

4.「引き上げチーク」で目くらまし!

一見、ほうれい線とは関係がなさそうですが、実は重要なのがチーク。頬骨より下の位置に丸く入れると、チークの明るい色と対照的に、ほうれい線の影がくっきりと目立ってしまいます。

大人の女性におすすめのチークの位置は、やや高め。頬骨の高いところからこめかみに向かってさっとのせると、ほうれい線から視線をそらすことができ、ぐっと上向きの顔印象になりますよ。

5.「ファンデ溜まり」は朝の仕込みで防ぐ

夕方にほうれい線が目立つのは、乾燥のせいで深くなったほうれい線に、ファンデーションが溜まってしまうから。朝、スキンケアの段階で保湿をしっかりしておき、ベースメイクは薄めに仕上げて。クリームやファンデーションを塗る時は頬に空気を入れてふくらませると、溝の中までしっかり伸ばせます。

どれもちょっとしたことですが、積み重ねれば効果てきめん! さっそく今日から始めてみてくださいね。
(文:城後 紗織(化粧品・時短美容ガイド))

あなたにおすすめ