ママ友の階級は「子供の服の値段」で決まる? 投稿者の主張に共感相次ぐ

しらべぇ

2018/11/4 16:00


(BlackSalmon/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

ママ友」と聞くと、複雑な人間関係を思い浮かべる人も少なくないだろう。

女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』に、初めてママ友ランチ会に参加したという女性からのレポートが届き、絵に描いたような「香ばしいボスママ」の実態に、多くの反響が寄せられている。

■初めてのママ友ランチ会


投稿者は、初めて参加したママ友ランチ会に「とても面白い人がいた」と打ち明けている。

その人はいわゆる「ボスママ」と呼ばれる存在のようで、「ミキハウス以上の服じゃないと服だと思わない」「子供の食事はオーガニック」など、とにかく「自分の意識の高さ」を周囲にアピールしていたのだそう。

ランチ会の半分以上はそのボスママの話が占めていて、「ブランド」にこだわりすぎる発言の数々が、投稿者にはやがて「宇宙語」のように聞こえてきたという。

■西松屋を着ている子を鼻で笑う


「ミキハウスはかわいいし着せたいと思う」としつつ、投稿者はユニクロの子供用の肌着が機能性や値段的にも気に入っている。子供の食事にこだわることはとても大切だが、マックだってたまには食べたい、とも吐露。

また、そのボスママはリーズナブルな西松屋の服を子供に着せる親を鼻で笑うような反応を示していたが、投稿者からすれば服の値段に関係なく、西松屋のコーディネートは子供に似合っていてかわいかったのだそう。

香ばしいボスママの一連の言動から「ボスママとは疎遠でいたい」としつつ、「貴重な経験になった」と感想を述べている。

■「ボスママとは疎遠」に共感の声


こちらの投稿には、形に囚われすぎている意識高い系ボスママの実態に、様々な意見が寄せられている。

・ユニクロも無印もシンプルでかわいい! マックも吉野家も美味しいじゃんねー健康食ばっか食えねーよって話です

・とにかくブランドものを着れば良いと思ってる小金持ちが一番ダサい笑

・ユニクロの子供下着は素晴らしいですよ!

・そういうママおもしろいよね。「すごいねー、さすがだねー」って盛り上げて、ニヤニヤしながら聞いてるよ(笑)

「子供服は安価でも機能性が大切」といった声や、「ブランド物を着せればいいというものではない」といった声が、多くの共感を得ている。また、「ボスママとは疎遠でいたい」という投稿者の意見に賛同するコメントも声も目立つ。

■「ママ友付き合いが苦手」な人は6割超


しらべぇ編集部が全国の20~60代の子供を持つ女性327名を対象に「ママ友付き合い」について調査を実施したところ、全体の61.5%もの人が「ママ友付き合いが苦手だ」と回答した。

((C)ニュースサイトしらべぇ)

子供の発育状況の違いや家庭環境、夫の学歴や自身のキャリアなど、ママ友の社会はついつい他人と比較してしまうものがたくさん。それ故に、付き合い方に苦労している人は少なくないようだ。

クセの強い人とは適度な距離感を保ちつつ、投稿者のように「嫌味な話を斜めから見て楽しんでみる」ことも、世渡りのテクニックかもしれない。

・合わせて読みたい→「団地に住むのは恥ずかしい」とママ友から偏見を言われた女性に同情の声

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の子供がいる女性327名 (有効回答数)

あなたにおすすめ