『V6』森田剛は超ガチ!桑田佳祐だけじゃないボウリングが上手すぎる芸能人たち

まいじつ

2018/11/4 15:30

森田剛
画/彩賀ゆう(C)まいじつ

『サザンオールスターズ』桑田佳祐の名を冠したボウリング大会『KUWATA CUP 2019』が、今年11月から来年2月にかけて開催される。

大会は、小学生を対象とした「ジュニアアマチュア部門」、中学生以上を対象とした「一般アマチュア部門」、マイボール、マイシューズを使用する参加者を対象とした「競技アマチュア部門」、プロボウラーを対象とした「プロボウラー部門」の4部門に分けて、11月1日から全国501会場で予選が行われる。

「桑田はプロ級の腕前で、今も週3回ボウリング場に通っています。高校時代は友人と2人で勝手にボウリング部を名乗り、パーフェクトスコア300を記録したことも。ボウリング場でアルバイトして本気でプロボウラーを目指していたそうですよ」(芸能ライター)

マイボールをレーンで使い分ける!


桑田はこの夏にもスコア299を叩き出したというが、芸能界には桑田の他にもボウリング上級者が多い。

「中山秀征はプロテストを受けたことがあります。アメリカに武者修行に出たほど本気でしたが、結果は不合格。2004年に放送された『NHK 趣味悠々 目指せ200点!スポーツボウリングの世界』にも出演していました」(同・ライター)

ガダルカナルタカはベストスコア299、村田雄浩は300、マギー審司は279、『V6』森田剛は290で、ボウリング上級者として有名だ。

「森田はマイボールを7個持っており、その理由はボウリングレーンの状態が時間帯によって変わるので使い分けるためだといいます。また、プレイヤーとしての腕前は不明ですが、タモリは昔、ボウリング場の支配人をやっており、レーンメンテやボール掘りの資格を持っていると明かしていました」(同)

桑田のボウリング大会をきっかけに再ブームが起きれば、彼らの活躍の場が増えるかも!?

あなたにおすすめ