「大原バカリ子」(バカリズム×大原櫻子)1万4千人前に名バラードを初披露

dwango.jp news

2018/11/4 14:56


横浜アリーナで開催された「バズリズムLIVE2018」(11月3日)で、バカリズムと大原櫻子によるユニット“大原バカリ子”が登場し1万4千人の前で『多目的スペースのバラード』を初披露した。

2人で涙ながらに披露した楽曲『多目的スペースのバラード』は壮大で心に響くバラードだが、なぜかくすっと笑い最後には拍手をおくってしまうような名バラードに仕上がっている。



『多目的スペースのバラード』は作詞バカリズム・作曲水野良樹。作詞したバカリズム曰く「1番と2番で歌ってる事が違う“いってこい”の歌です。」というこの楽曲、ライブMCで来月12月1日に配信リリースされる事が発表された。

「バズリズムと」とは…

バカリズムが番組MCをつとめる音楽番組「バズリズム02」(日本テレビ系)発のバカリズムの楽曲共作プロジェクト。秦 基博とタッグを組んだ『「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する(ハタリズム)』でメジャーデビューを飾り、続く2作目は水野良樹とタッグを組み「白が人気(ミズノリズム)」をリリース。そして3作目となる今作は大原櫻子とタッグを組み“大原バカリ子”として2018年12月1日に「多目的スペースのバラード(大原バカリ子)」を配信リリースする。

LIVE photo by:山内洋枝

あなたにおすすめ